Old Customs House, Bangkok

タイのバンコクにあるOld Customs House(旧税関施設)。

1888年築、Joachim Grassiの設計によるパッラーディオ建築の歴史的建造物で、チャオプラヤ川東岸に位置する。

税関は1949年にバンコク港に移り、建物はBang Rak Fire Stationの職員寮として使用された。

2005年にAmanリゾートホテルとして改装する計画が持ち上がったが、十年を経て実現には至っていない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

Old Customs House, Bangkok 国

タイバンコク

Old Customs House, Bangkok 種類

その他・廃墟一般

Old Customs House, Bangkok 画像・写真

Old Customs House, Bangkok

Old Customs House, Bangkok ブログ・リポート

「The Bangkokian Museum」と「Old Custom House」
http://tikitiki21.exblog.jp/29345028/
バンコクの中でも古い町並みが色濃く残っているこの一帯の中でも、特にフォトジェニックだったのがこのOld Custom Houseです。以前は税関として利用されていた建物なのですが、現在は廃墟のようになっています。ウォン・カーウェイ監督の映画の撮影にも使われたそ

ピックアップ廃墟