富田渡船 概要・歴史

富田渡船(とみたとせん)は千葉県香取市の富田と富田新田の利根川対岸同士を結んでいた渡船である。

85年間にわたって運行を続け、千葉県内の利根川流域で最後に残された渡船となっていたが、2013年3月、利用者数の減少や船の老朽化などの理由により、廃止となった。

川岸に船着き場跡が残されている。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

富田渡船 住所

千葉県香取市富田

富田渡船 種類

その他・廃墟一般

富田渡船 ストリートビュー・空中写真

富田渡船 スポット

富田渡船 関連ブログ・参考リンク

ちBポ 千葉の愛しきB級スポット達
http://www.chibpo.com/spot252.html
File252富田渡船(とみたとせん)跡2013年春に、千葉県における利根川での最後の渡船が廃止されました。現役時に見たことがない船着き場がどういうところなのか、訪問してみました。【所在地】千葉県香取市富田から千葉県香取市富田新田【交通手段】車かバイクで【HP

ピックアップ廃墟