とらや旅館

とらや旅館は大阪府泉南郡岬町の旅館。深日港(ふけこう)駅近くに位置する。

開業時期不詳ながら、1960年代の空中写真にもそれらしき建物を確認できる。

1998(平成10)年閉業。美しい木造二階建て建物が残る。

深日港の名物のような歴史的建築物であり、2017年現在リノベーション計画が進められており、厳重に管理されている。

深日港は川崎重工業泉州工場の船溜を改修して1948年に完成、淡路島の洲本港、徳島、および友ヶ島への航路で賑わったが、他航路や交通手段の発達により衰退。淡路島と深日港を結ぶフェリーは2011年に廃止、友ヶ島への航路も発着港が加太港へ変更となり、当港を発着する定期旅客航路は全てなくなった。

淡路島-深日港フェリーや友ヶ島への航路について、復活も検討されている。

状態

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

とらや旅館 住所

大阪府泉南郡岬町深日

とらや旅館 種類

団地・住宅・別荘

とらや旅館 画像

とらや旅館
とらや旅館

とらや旅館 ストリートビュー・空中写真

とらや旅館 写真・ブログ・リポート

『「深日(ふけ)港」へ~淡路島フェリー航路を探しに』阪南・岬(大阪)の旅行記・ブログ by nomadic dreamさん【フォートラベル】
https://4travel.jp/travelogue/11242329
向こうに見えるはとらや旅館。これも"文化遺産"にでも指定されれば嬉しいのですが。旅館とらやもそのままの姿。フェリー乗り場に向かう道には頑強なアーケードが用意されたのでしょう。今はアーケードだけが寂しく残されています。
南大阪発 旅行写真 : 2016年3月淡路島その10 深日港駅周辺(上)
http://blog.livedoor.jp/komyoikehatsu/archives/130327-10.html
とらや旅館。なかなか風格のある建物ですが、もうやっていないみたいですね。駅前にある「かどや食堂」が旅館を兼ねているそうです。15:36岬荘。ガラスもほとんど落ちて、中が筒抜け。このまま朽ち果てていくんでしょうか。15:44駅の向かいにある海星幼稚園。読みはカイ
寂れゆく駅-大阪府岬町:深日港駅 - よっちんのフォト日記
https://blog.goo.ne.jp/harigatake1961/e/e4c4fcc5915028499e5eac77702944fc
駅の改札口からすぐ近くに、昔懐かしい「駅前旅館」が残っておりました。こういう建物にも深日港が賑わっていた時代の名残を感じます。今では利用する人ってどれくらいいるのでしょう。

ピックアップ廃墟