与島水軍前の廃橋 概要・歴史

香川県坂出市与島町にある与島水軍前の廃橋。

1970年代の空中写真では確認できず、瀬戸大橋の開通した1988(昭和63)年頃に架橋されたものと推測される。

川とも運河ともつかない湾の奥にかかる小橋である。

二本並んでいる橋の陸側は橋ではなく何らかの施設であった可能性がある。金属のフレーム部分だけが残り、錆びついている。

2019年1月現在、海側の橋も片側の柵が完全に倒れ、入り口にロープが張られて立ち入れないようになっている。

状態
2019年01月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

与島水軍前の廃橋 住所

香川県坂出市与島町

与島水軍前の廃橋 種類

廃橋

与島水軍前の廃橋 画像・写真

与島水軍前の廃橋
左側は骨組みだけになっている
与島水軍前の廃橋
与島水軍前の廃橋
与島水軍前の廃橋
片側の手すりが完全に倒れている
与島水軍前の廃橋
与島水軍前の廃橋
手前に倒れた電灯が見える

与島水軍前の廃橋 ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟