与島水軍 概要・歴史

自然に還りつつある水軍

与島水軍は香川県坂出市の与島にあった土産物店。「与○水軍」等として紹介されていることもある。商店・飲食店を兼ねていたらしいが不詳。

1970年代から存在が確認できる。

閉業時期不詳ながら、2006年時点で営業しておらず、既にかなり朽ちた状態にあった。

与島は瀬戸大橋が通過しているが、瀬戸中央自動車道からの出口はない。しかし与島パーキングエリアの第二駐車場に隣接しているため、徒歩でなら近くの公道上から見学することができる。

2019年1月現在、木造二階建て建築全体が蔦に覆われ、正面にあった「与島水軍」の文字も既に「水」しか残っていない。建物前には崩落した看板文字が立てかけられている。

建物内にまで植物が茂り、まるで温室のような様相を呈している。

また、向かって右手側にも数軒の民家または物置らしい木造建築が廃屋化している。また、正面には与島水軍前の廃橋がある。

状態
2019年01月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

与島水軍 住所

香川県坂出市与島町

与島水軍 種類

商店

与島水軍 画像・写真

与島水軍
既に「水」の文字しか残っていない
与島水軍
「与島水軍」の看板にも蔦が絡まっている
与島水軍
建物全体が植物に飲み込まれつつあるが、ガラス等は綺麗な状態
与島水軍
与島水軍
内部にも植物が茂っているのがガラス戸越しに確認できる
与島水軍
与島水軍
地面には崩落した看板文字が転がっている
与島水軍
与島水軍
隣接する廃屋
与島水軍
一部が既に倒壊している
与島水軍
隣接する廃屋
与島水軍
倒壊寸前である

与島水軍 ストリートビュー・空中写真

与島水軍 ブログ・リポート

与○水軍|廃墟purelove日記
http://black.ap.teacup.com/purelove/256.html
瀬戸大橋の中間に存在する与島、高速のパーキングがあり、車で島内に行けます。車はパーキングまでなのですが、徒歩で島内を探索できます。そんなに広い島ではないので、すぐ一週できます。そのなかにあったのがお土産屋でしょうか。与○水軍です。
与島水軍-moroshigekisblog
http://moroshigeki.hateblo.jp/entry/20070415/1176600459
右の写真は、史学科のオリエンテーション旅行の帰途、与島パーキングエリア(瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ)に寄った際、駐車場の側で見つけたおみやげ屋の廃墟。「与島水軍」という店名だったのだろうか*1。つわものどもがゆめのあと。
廃墟:与島へ①-廃墟とウタとぼく-Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sankay_naturearth/11213966.html
同じ道を歩いていると『与島水軍』と書かれた看板がある建物がお出迎え。お土産屋さんだったのかな?今にも崩れそうな感じです。中には入れませんでしたが、店内の様子。店内でこれを見つけた時は興奮しました。ま、ふりかけですけどね(笑)
廃墟:与島へ② - 廃墟とウタとぼく - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sankay_naturearth/11213965.html
店内をもう少し紹介したいと思います。結構陳列スペースが残っています・・・民芸品コーナーには何があったんでしょうね。与島水軍の建物沿いにあった民家。たぶん廃屋だと思います・・・人気もないし、所々壊れていましたから。民家横の焼却炉・・・味がありますね。見たことのな

ピックアップ廃墟