佐賀県 廃墟一覧

川南工業浦崎造船所は、佐賀県浦崎(現在の伊万里市山代町立岩付近)に残る造船所跡。 元々はガラス工場であったが、第二次大戦中の1940年(昭和15年)1月に川南工業が...
三菱古賀山炭鉱は、佐賀県多久市にあった炭鉱。 明治23年に三菱が古賀山炭鉱を譲り受け、最盛期には従業員1000名、年間最大出炭量53万トンを誇った。昭和43年1月閉山。...
杵島炭鉱大鶴鉱業所(きしまたんこうおおづるこうぎょうしょ)は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 明治期に開鉱。1934年(昭和9年)に香春鉱業の経営となり、1936年(昭和11...
向山炭鉱は、佐賀県伊万里市山代町にある炭鉱跡。海に沈む炭鉱跡として知られる。 1911年までまで西分炭鉱を経営する金桝宮次郎が操業していたが、減産のため大阪の村...
明治佐賀炭鉱は、佐賀県‎多久市‎にあった炭鉱。佐賀県最後の炭鉱だった。 1948(昭和23)年に開坑。1965年に再建炭鉱に指定され1969年に閉山するも、新明治として西杵...
嬉野観光秘○館は佐賀県嬉野市嬉野町にあった秘○館。 1983年オープン。約7億円かけて建設された。店頭には巨大観音像(台座込みで全長17メートル・総重量2トン)が建っ...
相知炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 芳谷炭坑から独立した高取伊好(たかとりこれよし)が採掘。 試掘を繰り返し1895(明治28)年に良炭層を発見。1899(明治32)...
立川炭鉱は佐賀県伊万里市にあった炭鉱。 1936年、大日鉱業(株)が開坑。 1939年7月22日、ガス爆発により30名が死亡。1942年12月12日、ガス爆発により50人死亡。 19...
西杵炭鉱は佐賀県武雄市にあった炭鉱。 1922(大正11)年10月、北方炭鉱を古賀善兵衛から買収。 1938(昭和13)年2月、西杵本坑を開坑。1939(昭和14)年4月、鉱業所...
新屋敷炭鉱は佐賀県唐津市厳木町岩屋にあった炭鉱。 1920(大正9)年に日東鉱業が開坑。 その後1923(大正12)年に古川仁一、1924(大正13)年に唐津採炭、1929(昭和...
厳木駅の給水塔は佐賀県唐津市の唐津線厳木(きゅうらぎ)駅にある蒸気機関車のための給水塔。 厳木駅は1899(明治32)年開業。給水塔もこの当時に建設されたらしい。1...
国見炭鉱株式会社国見炭鉱は佐賀県伊万里市にあった炭鉱。 1952(昭和27)年3月11日開坑、1968(昭和43)年4月閉山。 封鎖された坑口、索道土台跡らしき遺構、門柱跡...
岩屋炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 1900(明治33)年、貝島鉱業(後の貝島炭鉱)が東松浦郡相知町・厳木村・西松浦郡大川村にまたがる岩屋鉱区を買収。1909(明治4...
小城炭鉱は佐賀県多久市にあった炭鉱。 1940(昭和15)年6月、開坑。山口鉱山(株)の経営。 最盛期は二千名余りの従業員を擁し、月産30万トンに達した。 1962(昭和...
イノチャン山荘は、佐賀県神埼市神埼町にある廃屋。心霊スポットとして知られるが、現況不詳。
唐津炭鉱は佐賀県唐津市(旧・東松浦郡北波多村)にあった炭鉱。 1937(昭和12)年より山口鉱業、1944年に住友鉱業、1947年に井華鉱業、住友石炭鉱業と経営が移り、195...
立山炭鉱は佐賀県多久市にあった炭鉱。 1913(大正2)年、明治鉱業多久炭鉱第一坑開坑。1914年に第二鉱、1918年に第三坑が開坑。1925年(大正14年)に休山。 1943(昭...
杵島炭鉱(きしまたんこう)は佐賀県杵島郡大町町付近にあった炭鉱。北方町、大町町、江北町の広い範囲に分布した。 一坑は1837(天保8)年に多久藩が開発開始、1894(...
日満鉱業国見炭鉱は佐賀県西松浦郡有田町にあった炭鉱。 松浦鉄道西九州線の夫婦石駅隣にホッパーが残っている。コンクリート製品工場の中に位置している。
ホテル・ヒルトン(HILTON)は佐賀県嬉野市にあったホテル。国道34号線沿い、嬉野温泉近くに位置する。2009年閉館。 茶畑の間にあるコテージタイプのホテルだった。
佐賀県佐賀市にある佐賀駅近くの廃ホテル。詳細不詳。 かなり風化が進んでいる。
亀崎海上ホテルは佐賀県藤津郡太良町にあったホテル。「K崎海上ホテル」として紹介されていることもある。 1990年頃には既に廃業していたらしい。
泉山磁石場は佐賀県西松浦郡有田町もある採掘場。 有田焼の原料となる陶石が採掘されていた。元和2(1616)年、陶祖李参平が、日本で最初に白磁鉱を発見した場所で、以...
杵島炭鉱変電所は、佐賀県杵島郡大町町にあるレンガ造りの変電所跡。 杵島炭鉱は1909(明治42)年に操業開始。1969(昭和44)年閉山。杵島炭鉱変電所は大町町に残る唯...
新岩屋炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。高倉炭鉱とも呼ばれる。 1955(昭和30)年、高倉鉱業(株)により開坑。1965(昭和40)年8月閉山。 竪坑口らしいコンクリート...
新平野炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 1959(昭和34)年8月、里山炭鉱(株)が開坑。1964(昭和39)年3月28日閉山。 山中に貯炭ポケット、スキップ軌道線、巻上台...
芳谷炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 享保年間(1716~1736)に発見。明治初期に開坑し、コマツや唐津鐵工所の創業者である竹内明太郎が経営。1906(明治39)年には約...
多久炭鉱は佐賀県多久市にあった炭鉱。 ホッパー跡などが見られる。 地図はおおよその地点。
B-INハウス(ビーイン)は佐賀県神埼市のホテル。「B-IN ANNEX OASIS HOUSE」との表記もあり、正式名称不詳。 国道34号線沿いに大きな看板があり、隣接する系列らしい...
佐賀県佐賀市の佐嘉神社周辺の廃墟街。 戦後すぐに建てられた建物が多く、この辺りは昔、佐賀の一等地だったらしい。 ストリートビューでは壊される前のパチンコ店・...
浦ノ崎変電所は、佐賀県伊万里市にある変電所跡。 川南工業浦崎造船所(伊万里造船所、川南造船所)に電力を供給していたらしい。 1935年に認可取得、1950年代以降に...
楠久炭鉱は佐賀県伊万里市にあった炭鉱。 大正6(1917)年、楠久炭鉱が開坑。1968年(昭和43年)閉山。 新一坑跡付近のコンクリート柱が残る他、軌道の橋梁跡が見られ...
佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内乙の建物。国道34号線沿い、嬉野温泉近くに位置する。ホテル跡と思われる。 蔦に飲み込まれたようになっているが、詳細不詳。現役施設...
龍宮かに荘は佐賀県藤津郡太良町の旅館。 太良温泉で最初の源泉を引湯した温泉であり、竹崎蟹発祥の地の碑が残る。
広滝第一発電所は、佐賀県神埼市脊振町にある煉瓦造りの水力発電所跡。 1908(明治41)年完成。現在も稼働し、近代化遺産としての価値も高く、廃墟ではない。 城原川...
佐賀県杵島郡大町町福母の崩落した建物。 詳細不詳ながら、一部屋根や背面部分が崩落している。 また隣接する建物も看板部分が大きく剥がれ落ちている。
佐賀県杵島郡大町町福母の建物。 店舗兼住宅らしいが、2013年時点で看板らしき部分が大きく崩落して、前年に設置されたブルーシートも剥がれ落ちている。 これと同一...
唐人町大師堂は佐賀県佐賀市のお堂。 天井付近などに損壊が見られ一部崩壊しており、2017年時点で保護用のネットが設置されている。 管理されており現役の大師堂であ...
岸岳炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 明治34年に開坑。第二坑が明治41年開坑。大正元年に芳谷炭鉱に売却された。 浪曲家の永田貞雄が一時坑夫として働いていたとい...
岸山炭鉱(新唐津炭鉱)は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 明治初期に開坑。 1954(昭和29)、中島岸山炭坑閉山、新唐津鉱業(株)岸山鉱業所開所。 1957(昭和32)、新唐...

佐賀県 廃墟種類

ピックアップ廃墟