楠久炭鉱

楠久炭鉱は佐賀県伊万里市にあった炭鉱。

大正6(1917)年、楠久炭鉱が開坑。1968年(昭和43年)閉山。

新一坑跡付近のコンクリート柱が残る他、軌道の橋梁跡が見られる。

地図はおおよその地点。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

楠久炭鉱 住所

佐賀県伊万里市山代町楠久

楠久炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

楠久炭鉱 画像

楠久炭鉱 写真・ブログ・リポート

フクダジマ探検記 楠久炭鉱
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-219.html
佐賀県伊万里市山代町楠久。かつて、ひしめく大小炭鉱により大いに活気付いた伊万里湾に面する当該地域。坑口から吐き出されたボタは沿岸の埋め立てに使用され、後に工場地帯として伊万里の産業発展に一役を買っている。今はローカル線の雰囲気を否めない松浦鉄道が渡る静かな川。
楠久炭鉱 | イドラ~私的遍歴~ - 楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/pess5547/diary/201112220003/
楠久炭鉱がここにあった9年間この道を歩いて小中学校へ通学したのだからうそじゃないホゲイワの坂をおりてきたらまずトロッコの線路があった朝はよくトロッコが坑道に入ってゆくのにであった待っていたらいつまでも時間がかかるのでトロッコとトロッコの間をすばやくすりぬけるの