相知炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 芳谷炭坑から独立した高取伊好(たかとりこれよし)が採掘。 ...

相知炭鉱

相知炭鉱 概要・歴史

相知炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。 芳谷炭坑から独立した高取伊好(たかとりこれよし)が採掘。 ...

相知炭鉱 画像

1974-1978年 国土地理院

近くのスポット

相知炭鉱 ストリートビュー・空中写真

相知炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://karatsu-kko.or.jp/nikki/nikki-kakikomi.html
平成28年11月13日相知町の炭坑遺跡相知町の鵜殿窟(うどのいわや)に近い西和田にはいくつかの工場がありますが、そのひとつに三栄興産株式会社という麦茶や健康茶の工場があります。この写真は、その工場の事務所前に建てられた石碑です。往年この地は三菱商事の相知炭坑だ
http://nabeshima2010.blog135.fc2.com/blog-entry-164.html
みちすがら、おおきなセメントの構造物が並んで姿を現す。なんと、炭鉱操業時の社宅に水を給水するための貯水槽らしい。参考HP→一般財団法人全国唐津っ子連合その大きさは、かなりのもの。周囲は広大な農地しか見えないのだが、この土地に社宅が並んでいたことを証言する貴重な
https://ameblo.jp/ironmaiden666666/entry-12049137482.html
相知駅の唐津駅方約1kmの位置にあった中相知信号場から分岐し、相知炭鉱駅までのびていた貨物支線このへんが相知炭鉱駅跡になる付近には、こういったコンクリートの遺構が点在しているむこうが相知炭鉱駅方面佐賀県道38号線がほぼ線路跡にあたる支線は県道から分離し、手前へ
http://nabeshima2010.blog135.fc2.com/blog-entry-162.html
佐賀県唐津市相知町久保・・・・相知町では江戸時代に石炭が発見されから、明治以降各地で炭鉱が開発され、一時は大手資本による開発も経て人口2万を超える都市となるが、戦後を待たずに閉山により急速に過疎化、昭和30年代の町内全炭鉱の閉山まで、小さな山が各所で採炭を営ん
http://www.hotetu.net/haisen/Kyushu/170218aichitankou.html
唐津線相知炭坑支線:中相知信号場から相知炭鉱駅までを結んでいた貨物線。1905年(明治38年)10月22日:相知貨物支線分岐点-相知駅間貨物支線開業、(貨)相知駅新設(本線の相知駅とは別駅)。1978年(昭和53年)10月1日:山本駅-相知炭坑駅間貨物支線廃止
http://www.scs.kyushu-u.ac.jp/~hatt/no1/97_outi/kubo.htm
昔は炭鉱の街として栄えていた。戦前には上相知炭鉱、昭和30年~34年頃には新相知炭鉱と呼ばれた炭鉱がありとても栄えていたが、現在は残っていない。炭鉱があった頃に比べて人口は減少し、炭鉱があった頃から主人以外は田畑の仕事をしに相知地区に行く人が多かった。炭鉱がな
https://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-12022172287.html
国道203を走る西側の道へとそれ佐里地区に入った確か、この辺りにも数ヵ所炭鉱があったはずなのだが、それた道を走って行く、キョロキョロしながら進むうちにとある場所を発見した、赤水が大量に流れ溢れているこの上を登って行けば、西相知炭鉱が採炭をやっていた所だ赤水をた