岩屋炭鉱

岩屋炭鉱は佐賀県唐津市にあった炭鉱。

1900(明治33)年、貝島鉱業(後の貝島炭鉱)が東松浦郡相知町・厳木村・西松浦郡大川村にまたがる岩屋鉱区を買収。1909(明治42)年に岩屋鉱業所を設置。

1915(大正4)年には約18万トン、ピークとなる1927(昭和2)年には約30万トンを出炭した。

1921(大正10)年、大辻岩屋炭鉱株式会社を設立。1931(昭和6)年、貝島鉱業、貝島商業・大辻岩屋炭鉱が合併し貝島炭鉱株式会社となる。

1938(昭和13)年に第三坑、1940(昭和15)年に第五坑を開坑。

1948(昭和23)年、大辻と岩屋は貝島炭鉱から分離。

岩屋炭鉱は高倉鉱業所岩屋炭鉱となり、1953(昭和28)年には高倉鉱業の単独経営となる。

1965(昭和40)年に閉山。

第三坑にはボタ山跡、ホッパー跡が残り、第五坑には鉱員住宅跡(一部居住者あり)、転用された配給所跡(購買?)、橋脚跡などが見られる。

また第五坑付近には閉山後に始められた養豚場が閉鎖されその施設跡も見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

岩屋炭鉱 住所

佐賀県唐津市厳木町本山

岩屋炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

岩屋炭鉱 画像

岩屋炭鉱

岩屋炭鉱 ストリートビュー・空中写真

岩屋炭鉱 写真・ブログ・リポート

岩屋炭礦の第三坑と第五坑を訪ねる fukuoka MAZE
https://fukuokaunderplot.com/series/series_kaijima/iwaya_3-5kou.html
岩屋炭礦の各坑エリア図▲旧厳木町と旧相知町にあった採炭エリア。岩屋炭礦について貝島炭礦(当時は貝島鉱業合名会社)が、東松浦郡相知町・厳木村・西松浦郡大川村におよぶ、約96万8千坪の「岩屋鉱区」を買収したのは1900年(明治33)の事でした。1908年(明治41
まつろの国の風土記: 岩屋炭鉱第三坑のホッパー
http://miracetus.blogspot.jp/2017/11/blog-post_25.html
唐津炭田エリアから少し離れたところに移住してめっきり足が遠のいていましたが、久々に近場まで行く用があったのでついでに何かないかと探ってました。fukuokaMAZE様によると、相知駅近くに岩屋炭鉱があったらしく、該当エリアをGoogleMapsの航空写真で見て
岩屋 炭鉱 第五坑 | 鶴嘴さんのブログ
https://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-12022154062.html
相知町平山下、昭和13年12月28日貝島炭鉱(株)が開坑した岩屋炭鉱第五坑、他にも岩屋炭鉱跡地へと向かったが痕跡の発見にはいたらずでした県道259号線を走り西側の脇道へと入る県道からも、ボタ山だったであろう所が確認できるそこをさらに西側へと登っていく途中、炭鉱
近代ふぁーん!! 相知・岩屋炭鉱五坑 購買施設・社宅跡
http://nabeshima2010.blog135.fc2.com/blog-entry-106.html
佐賀県唐津市相知町平山下・・・唐津線相知駅から伊万里方面へ向かう途中の平山下(ひらやましも)地区。かつてこの辺は「五坑」という地名であった。(Googleでこの辺の地図を閲覧すると「五坑」の地名が記されていた。)さっそく平山下「五坑」地区へむかう。付近のお祖母