厳木駅の給水塔

厳木駅の給水塔は佐賀県唐津市の唐津線厳木(きゅうらぎ)駅にある蒸気機関車のための給水塔。

厳木駅は1899(明治32)年開業。給水塔もこの当時に建設されたらしい。1973(昭和48)年に蒸気機関車の運用が終了、役目を終えた。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

厳木駅の給水塔 住所

佐賀県唐津市厳木町厳木

厳木駅の給水塔 種類

廃線・鉄道駅

厳木駅の給水塔 画像

厳木駅の給水塔
©Google

厳木駅の給水塔 写真・ブログ・リポート

ALL-A[厳木駅と給水塔]
http://allxa.web.fc2.com/archi/rail/jr/karatsu/kyuragi.html
厳木(きゅうらぎ)駅は唐津線の駅で、1899(明治32)年に厳木駅〜山本駅間が延伸した際に開業した。現在の木造駅舎は1930(昭和5)年に竣工したもの。ファサードの一部が増築されている他はおおむね竣工当時の状態を維持しているようだ。また、駅開業時には蒸気機関車
唐津線の駅舎、レンガの給水塔がある厳木駅( 鉄道、列車 ) - 九州の鉄道を中心に、地元の話題を - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/dxgsj977/26505288.html
この駅は非常に貴重なレンガ作りの給水塔が存在しています駅構内の風景と給水塔をバックにご覧ください西唐津発佐賀行き、普通列車です如何でしょうか、日差しが強く設定が難しかったですね続いて、駅舎をバックに厳木駅は無人駅ですが、近くに高校があり、学生さんの姿が多く見ら
【佐賀】厳木駅にある100年前の蒸気機関車の給水塔 | Y氏は暇人
http://y-ta.net/kyuragi-kyusuitou/
厳木駅に今からおよそ100年前の蒸気機関車の給水塔が残されています。スポンサードリンク大きな地図で見る▲場所はこちらです。ところで「厳木」ってどう読むか分かりますか??地元の人でないとほとんどの人が読めないと思いますが「きゅうらぎ」と読むんですよ。▲駅舎はこち
廃墟&近代化遺産(厳木駅の癒しの塔):響とバイクと山遊び:So-netブログ
http://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2007-11-30-1
ここは佐賀県唐津市厳木町にあるJR唐津線「厳木(きゅうらぎ)駅」長閑な田園の中にあり、学生が多く利用する駅です。この静かな無人駅に入るとホームの向こう側に尖がり帽子をかぶった愛らしい奴が僕をお出迎えしてくれます。ちょうどホームを渡る歩道橋がありこんな高いところ
唐津線 厳木駅 - 趣味人Tの伝言
http://blog.goo.ne.jp/turn-table/e/a0c46510be8854d165c29841d995879a
蒸気機関車の水分補給に必要不可欠となるのが給水塔です。高さがあるので駅や機関区のランドマーク的な存在だったものと思います。特に古くから使用されていた給水塔は意匠を凝らしているものが多く見られました。まずは九州の唐津線、厳木駅の給水塔です。「きゅうらぎ」と読みま