喜撰山のコンクリ廃墟 概要・歴史

京都府宇治市の喜撰山にあるコンクリート廃墟。「喜撰山廃墟群」等として紹介されていることもある。

別荘跡、焼け落ちたレストラン跡、プラント跡、天ヶ瀬ダム建築時に土砂を運んだゴンドラ跡等の推測が為されたが、1966(昭和41)年から1970(昭和45)年に作られた喜撰山ダム建設時に用いられた砕石施設であったらしい。

橋台のような構造物とその周りの電装品類、およびホッパーのような施設で構成されており、隣接してズリ山がある。

橋台のような構造物はベルトコンベアに砕石を投入する施設だったらしい。

山が崩された結果人工的に形成された崖は、ハヤブサの繁殖地として知られるようになっている。

書籍『怖いこわい京都、教えます』(入江敦彦、2007年)でも紹介されているらしい。

状態
2019年06月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

喜撰山のコンクリ廃墟 住所

京都府宇治市志津川龍ケ壺

喜撰山のコンクリ廃墟 種類

団地・住宅・別荘

喜撰山のコンクリ廃墟 ストリートビュー・空中写真

喜撰山のコンクリ廃墟 スポット

喜撰山のコンクリ廃墟 ブログ・リポート

今日は朝10時頃から少し時間があったので、喜撰山揚水発電所を経由し
http://gogogodzilla.fc2web.com/060429.html
炭山方向に行かずに、喜撰山揚水発電所・池ノ尾方面を目指します。 神女(しんにょ) 神社前通過。 この神社は志津川竜ヶ壷にありますが、竜ヶ壷ってとっても歴史があり そうな地名です。 汗だくで坂を漕ぎ上がって行きます。 途中にはけっこう大規模な廃墟 が
喜撰山ダム コンクリートプラント跡: 林道・ダム・鉱山の勝手な記録
http://netishim.seesaa.net/article/245818555.html
6 日前 喜撰山ダム コンクリートプラント跡,行ったと言う自己満足の記録に過ぎません。 喜撰 山ダム湖からの下り途中にコンクリートプラント跡が有ります。 01.JPG 車道から 見上げると橋脚跡 (01/12)宇治川沿い廃墟 宇治茶寮 (01/10)井上長石
廃色melancholy 喜撰山&I山
http://highkyo.blog29.fc2.com/blog-entry-54.html
2009年9月23日 9/12 京都府宇治市にある喜撰山という山にある謎の廃墟を見て来ました。 山を車で 走っていると突然姿を現すコンクリートの塊. 建物とは言い難いそれ。 中をのぞくとこんな 感じ. 今日大雨です。 傘とカメラを持っていると非常に動きつらい‥
喜撰山ダムと謎の廃墟 その3 京都THUG LIFE
http://kyoutothuglife.blog134.fc2.com/blog-entry-608.html
喜撰山ダムと謎の廃墟 その2 で書いた建物と合わせて一つの施設なのか、それぞれ関係のないものなのかさえもわかりませんorz 今回アップしていないのですが、↑の建造物の道を挟んだ向かい側にも コンクリートの土台のようなものが 
喜撰山ダムと謎の廃墟 その2 京都THUG LIFE
http://kyoutothuglife.blog134.fc2.com/blog-entry-606.html
これも廃墟の名残?一部?だと思うのですが、何なのかは不明です。 1m以上あるサイコロ状のコンクリートブロックです。 ちなみ、そこそこ山の中ですが人通りはそこそこあります。 喜撰山ダムの向こうに小さな集落があるので、その集落の方 
謎のコンクリート廃墟 | ブログやがな (´・ω・`)
http://cocorokazu.blog65.fc2.com/blog-entry-1886.html
「喜撰山のコンクリ廃墟」京都府宇治市の喜撰山にあるコンクリート廃墟。 別荘跡ともプラントとも言われるが、詳細不詳「ぜんまい茶屋」から、それほ

ピックアップ廃墟