ホテル高月城 概要・歴史

ホテル高月城は東京都八王子市のラブホテル。

この場所は大石氏初期の本城「高月城」の三郭跡にあたる。

1971~1974年時点では、同位置にコテージタイプの施設が建っており、ホテル高月城の前身となっていた可能性がある。

現在の建物は1984年までに建設。

三階建ての中規模建築で、壁面には昭和レトロな半円模様が描かれていた。

閉業時期不詳ながら、2001年時点では営業しており、2011年には既に閉業している。

建物は2019年3月時点で現存し、バリケードが設置され厳重に管理されている。

付近にはトタン屋根の小さな廃屋、廃車などが見られる。

また県道166号線沿いに看板跡が残り、高月城址に向かう目印としてよく言及されている。

状態■■
2019年03月28日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ホテル高月城 住所

東京都八王子市高月町

ホテル高月城 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

ホテル高月城 画像・写真

ホテル高月城

ホテル高月城 ストリートビュー・空中写真

ホテル高月城 ブログ・リポート

その172:ホテル高月城 - 廃墟ガールの廃ログ
http://hiyapa.hatenablog.com/entry/2019/03/21/201002
場所:東京都八王子市高月町(たかつきちょう)1250(西東京バス「高月」または「高月集会所」下車)行った日:2019/03/09廃墟になった日:不明詳しく:高月城前の○ブ○テル跡地。高月城自体は戦国時代初期の山城で1590年廃城。*評価怖さ:★★☆☆☆廃れさ:
廃城と廃○ブ○への旅.1 : 仄暗いお散歩
廃城と廃○ブ○への旅.1 : 仄暗いお散歩
http://honoguraiosanpo.blog.jp/archives/1066080409.html
東京都八王子市に高月城というお城が過去にあり、その跡地のとても近くに○ブ○テルがあるのですがそこが廃墟となっており、城跡と廃墟を巡れるので是非どうでしょうか?八王子ならお手軽に行ける距離であるし、廃墟の○ブ○だけでなく、廃城も一緒に見学できるのは大変お得感があ
高月城/東京都八王子市 | なぽのブログ
https://ameblo.jp/napo-jou/entry-11525306928.html
▲道の右側にあるホテル高月城50m程進むと、道の右手にホテルが。城跡へ向かう方は、更にまっすぐ20m程進んで下さいw▲登城口ホテル脇の切り通しの丁度真ん中位に、写真の登城口があります。クルマは切り通しを抜けた所に、1台位なら置けそうなスペースがあります。
高月城(大石氏が築城)。いまはHOTEL高月城
http://www.pasonisan.com/rvw_trip/16-10-takatsuki-oisi.html
高月城の曲輪や堀跡はやや残されているが、目印となるのが城内にある○ブ○テル「HOTEL高月城」。圓通寺のすぐ北側の看板が登城コースとなる。自動車が1台分通れる狭い道幅の道路にでるが、堀切跡を利用したものだろうか。ひっそりと○ブ○テルに出入りできるように、後世に
高月城 (東京都  八王子市) ( 歴史 ) - ちょっと山城に - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/s04hi992ma/23196945.html
唯一にして最も解り易い目印は、城址の一角に建つと言われる「ホテル高月城」の案内看板。ホテルの案内に従い都道を折れ路地へ入ると、やがて堀底道の名残?らしき所へ至ります。左手の雑木林が本郭方面の舌状台地になります。所で格好の目印であった「ホテルニュー高月城」はどう

ピックアップ廃墟