ロッジ和田峠 概要・歴史

ロッジ和田峠は長野県小県郡長和町にあった宿泊施設。国道142号線近く、和田峠付近に位置する。「ロッジW峠」等として紹介されていることもある。

1974(昭和49)年頃に開設。

二階建ての中規模施設である。青少年旅行村という公共系の宿で、ボーイスカウトや劇団などに利用されていた。

2004(平成16)年10月30日閉業。

2002(平成14)年時点では宿泊報告があるが、2007(平成19)年時点では「営業していないようだ」と言及されている。

2019(平成31)年4月時点で建物は現存するが、同地に至る階段は藪に埋もれつつある。

コウモリの棲家となっている。

状態
2019年06月27日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ロッジ和田峠 住所

長野県小県郡長和町和田唐沢

ロッジ和田峠 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

ロッジ和田峠 画像・写真

ロッジ和田峠
ロッジ和田峠
ロッジ和田峠
ロッジ和田峠
ロッジ和田峠

ロッジ和田峠 ストリートビュー・空中写真

ロッジ和田峠 関連ブログ・参考リンク

中山道 望月~和田峠
http://www.ne.jp/asahi/m.mashio/homepage/naka-9.htm
ロッジ和田峠の案内板が見えたときは正直ほっとした。ロッジ到着は17:20頃だった。ところで、芦田宿本陣で出会った(お世話になった)若いご夫婦と食事のときに一緒になった。やはり、昨年東海道を歩き今年は中山道を歩いているのだという。昨日は望月宿の井出野屋旅館に泊ま
長久保~和田~下諏訪
https://blog.jinriki.info/kacchan/98
広原の一里塚を過ぎロッジ和田峠の前を通る。今は営業をやっていないようだった。12時07分東餅屋の立場跡を通る。昔、難所である和田峠の東西に力餅を食べさせる茶屋を設置させた名残りの場所で現在も一軒ドライブインがあり、力餅を食べさせてくれるようだったが寄らずに先に
宿のデータ 中部 山岳
http://howdy77.com/yado5chubu.html
ロッジ和田峠小県郡長和町閉鎖:2004年10月30日公共系の宿(和田村)
8月 « 2002 « ぴょんぴょん・おーじ – おでかけ・ぴょんぴょん
http://odekake.pyonpyon.org/2002/08
いいキャンプ場があったら・・・と、探しているもののなかなか見つからない。和田峠を越えたとき、ふと見つけたのは「ロッジ和田峠」。とりあえず聞いてみようと駐車場に車を入れてみる。が、携帯をチェックすると哀しい「圏外」(–;)早々に出てまた車を走らせる。

ピックアップ廃墟