東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡) 概要・歴史

東餅屋は長野県小県郡長和町の店舗跡。国道142号線沿いに位置する。「和田峠廃屋」「和田峠東餅茶屋跡」等とも呼ばれる。

開業時期不詳ながら、1969(昭和44)年時点で存在が確認できる。

二階建ての小規模店舗で、店舗兼住居であったと見られる。

力餅はコーヒーまたは紅茶付きで500円、ほかにみそおでん350円、ざるそば700円、ちからそば650円などのメニューがあった。

2012(平成24)年頃まで営業していたらしい。

2018(平成30)年時点で屋根が大きく歪み、二階窓ガラスに損壊見られる。

2019(平成31)年時点でかなり朽ちた状態で現存する。建物前左手には「名物力餅」「黒曜石」「東餅屋」の看板、右手には「名物力餅 お食事・おみやげ」の看板があり、金融会社のチラシが上から貼られている。

また力餅の由来の説明板には「江戸時代和田峠を越える旅人の、疲れを癒やし力を付けて旅をつづけてほしいと願い作られた餅まんじゅうです。どうぞご賞味下さい」とある。

和田峠付近には、廃屋や黒曜石加工場跡などの廃墟が数件ある。

状態
2011年09月15日作成  2019年04月23日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡) 住所

長野県小県郡長和町和田

東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡) 種類

団地・住宅・別荘

東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡) 画像・写真

東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡)
東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡)
積雪のためか特に二階の損壊が激しい
積雪のためか特に二階の損壊が激しい
一階屋根もへしゃげた状態となっている
一階屋根もへしゃげた状態となっている
東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡)
東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡)
東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡)
東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡)

東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡) ストリートビュー・空中写真

東餅屋(和田峠廃屋、和田峠東餅茶屋跡) 関連ブログ・参考リンク

心霊スポットに違いない - キチキチ廃散歩 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kitikitiboon/34823519.html
昼間でも付近は交通量も乏しく(便利な有料道路がポピュラーな為か)寂し~く風が吹き抜けるだけの道沿いに、古びた時代劇風の建物と食堂とおぼしき二階屋がどよよ~んとあるじゃない。しかも、ウエルカムな状態でカーテンが割れたガラス窓から「バタ~バタ~」とはためいている。
自転車と徒歩でいく旧中山道の旅 【和田宿⇒男女倉口編】和田峠
http://www.takepoint.net/nakasendou/wada_touge.html
幕末には大名休息のための茶屋本陣もおかれ土屋氏が勤めていた。 鉄道が開通する とともに往来も途絶え、五軒の茶屋も店をたたみ、今は(ドライブイン以外家はなく)石垣 を残すのみである。 ※ドライブインの先に廃墟の家屋が何軒があったよ。 何かむなしい
自転車と徒歩でいく旧中山道の旅 【和田宿⇒男女倉口編】和田峠
http://cosumosu-deai.com/wada_touge.html
幕末には大名休息のための茶屋本陣もおかれ土屋氏が勤めていた。 鉄道が開通する とともに往来も途絶え、五軒の茶屋も店をたたみ、今は(ドライブイン以外家はなく)石垣 を残すのみである。 ※ドライブインの先に廃墟の家屋が何軒があったよ。 何かむなしい
自転車と徒歩でいく旧中山道の旅 【和田宿⇒男女倉口編】和田峠
http://kousyuu.under.jp/naka/wada_touge.html
幕末には大名休息のための茶屋本陣もおかれ土屋氏が勤めていた。 鉄道が開通する とともに往来も途絶え、五軒の茶屋も店をたたみ、今は(ドライブイン以外家はなく)石垣 を残すのみである。 ※ドライブインの先に廃墟の家屋が何軒があったよ。 何かむなしい  
和田峠黒曜石加工場 - TAMA-CLUB - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/jnr_tama/49474864.html
2007年9月12日 さて、この後、どうしようかと考えてましたが、以前に会社の人から聞いた和田峠にある廃墟となった黒曜石の加工所がある 和田峠の国道沿いを走っていると、堆く山となったズリ山が見え、その横には廃墟となった木造の加工工場が残ってい 
自転車と徒歩でいく旧中山道の旅 【和田宿⇒男女倉口編】和田峠
http://www.takepoint.net/naka/wada_touge.html
幕末には大名休息のための茶屋本陣もおかれ土屋氏が勤めていた。 鉄道が開通するとともに往来も途絶え、五軒の茶屋も店をたたみ、今は(ドライブイン以外家はなく)石垣を残すのみである。 ※ドライブインの先に廃墟の家屋が何軒があったよ。 何かむなしい 
峠の茶屋。
http://uosan.info/20151105/14937/
久しぶりにここに来てみた。前回は確かKLASSESにモノクロフィルムを入れて撮ったのをこのブログにアップしたような記憶があるのに、探しても見つからない。アップしてないのかも?5年くらい前だったかなぁ。その時は駐車場にクルマが止まっていて、建物の中から音楽か何か

ピックアップ廃墟