レイクニュータウンは長野県北佐久郡軽井沢町の別荘地。 1962年より開発が始まり、人工池のレマン湖(....

レイクニュータウンの廃墟

レイクニュータウンの廃墟 概要・歴史

レイクニュータウンは長野県北佐久郡軽井沢町の別荘地。 1962年より開発が始まり、人工池のレマン湖(....

レイクニュータウンの廃墟 画像

レマン湖北岸の閉業店舗
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
並びには営業している店もあり、すべてが閉業しているわけではない
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

レイクニュータウンの廃墟 ストリートビュー・空中写真

レイクニュータウンの廃墟 関連ブログ・参考リンク

http://bungeishi.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/part3-9108.html
2011年2月18日 今や廃墟の立ち並ぶレイクニュータウンだがバブルの頃はスゴかったようだ。ブティックやレストランやホテルが立ち並ぶまさに田中康夫的な世界が現出していたという。日本DEEP案内というサイトで現在のレイクニュータウンの様子が紹介されツ黴
http://nyanpokorin222.blog22.fc2.com/blog-entry-158.html
帰る前に、10年以上前に家族で泊まったレイクリゾート内のホテルの様子を見に行く事になった。幼い頃に楽しい思い出を作ったそのホテルには既に看板は無く僅かな面影を残しキレイに改装されていた。営業はしていないようだが車が一台停まっていたので、また新たにホテルを造るの
http://nyanpokorin222.blog22.fc2.com/blog-entry-159.html
ここは2階(3階?)のはじっこ。ギリギリの所で解体から生き残った部屋。生き残ったとはいえ瀕死の状態。ここには長く居れない。だってほら、ホントにギリギリだし・・・にゃんぽこの重さじゃいつ崩れてもおかしくねぇでよ。2階の客室は開かない部屋が多かったので次の最上階へ
http://nyanpokorin222.blog22.fc2.com/blog-entry-367.html
二回目の訪問になります我がパライソ『ニュータウンの廃ホテル(仮)』です。以前の訪問はこちら《1》《2》ご健在でなにより。今回は裏通りからお邪魔。前回は地下(裏から見ると1階)だけ怖くて行けなかったからそこだけでも確認したくて。その時は夕方だったけど、今回はカン
http://koechel581.exblog.jp/18111845/
また、通りのはす向かいには、現在のガーデンが「レマン湖」の名で賑わっていた時代のホテルが鉄骨とコンクリートの残骸を晒し、伸び放題の夏草に覆われたその一郭は廃墟マニアが見たらゾクゾクしそうな光景だ。 別荘地の中にも
http://yosshy-sunshine.com/blog/?p=3842
軽井沢へ行こう!その8。 廃屋ツアー。 トップ絵は、遊び心です^^; さて、レイクニュータウンからすこし歩きますと、見事な廃屋。 いや、1軒だけじゃなく、ここ一帯の町がまるごと廃れているようでしたので廃墟、ですね。
http://exfocus.exblog.jp/20280543/
夕方、レイクニュータウンを少し歩いてきたが、人けもなく、まるで廃墟のような佇まいでした。(キヤノン24-70mm F4L IS) 軽井沢1263
http://deepannai.info/karuizawa-asama-sansou-case/
あれは廃墟?戸倉上山田温泉を見下ろす城山山頂にそびえる銅像だらけの「日本歴史館」 長野県千曲市善光寺詣の精進落としの湯として栄えた温泉街「戸倉上山田温泉」は怪しい夜の街としての側面をも備えつつ、現在も長野県随一
https://ameblo.jp/diphen/entry-12236090525.html
生きているけど死んでいる。ココはそんな町です。軽井沢レイクニュータウンは1961年に構想、1962年に開発着手されました。人工池、レマン湖(当時は軽井沢湖)は1963年に完成。レマン湖に沿って沢山のかつてのお店が軒を連ねています。