ホテル・ニュー軽井沢 概要・歴史

碓氷バイパスの廃ホテル

ホテル・ニュー軽井沢は群馬県安中市にあるホテル。国道18号線碓氷バイパス沿いに位置する。

1978~1985年に開業。

ピンクと青の塗装の二階建て建物で、一階がガレージ、二階が客室という構造だった。「オパール」「サンゴ」など宝石類の部屋名がついていた。

料金は休憩3500円、宿泊6000円だった。

閉業時期不詳ながら、2014年時点で廃墟として言及されている。

2018年時点で敷地内に雑草が茂り、外壁に経年劣化による汚れが目立ち、看板は崩落、やや荒れた状態となっているのが確認できる。

2019年4月時点で現存する。

状態■■■
2019年04月24日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ホテル・ニュー軽井沢 住所

群馬県安中市松井田町入山

ホテル・ニュー軽井沢 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

ホテル・ニュー軽井沢 画像・写真

ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢
ホテル・ニュー軽井沢

ホテル・ニュー軽井沢 ストリートビュー・空中写真

ホテル・ニュー軽井沢 ブログ・リポート

支店タカハシ
http://ochimon.blog.shinobi.jp/廃宿泊系/またラブホの巻。
今日は○ブ○です。ご覧ください。やっぱりホテル系の物件って多いですね。結構好きだからいいんですけど。ここは知ってる人も多いんじゃないかな?結構目立つからね。通る度に早く潰れないかなって思ってた。どうやら願いが通じたらしい。神様ありがとう。あれ?アクアが写ってる

ピックアップ廃墟