透明人間に狙われた家は埼玉県入間市の住居またはアトリエ。仏子駅近くの高台に位置する。 「透明人間...

透明人間に狙われた家

透明人間に狙われた家 概要・歴史

透明人間に狙われた家は埼玉県入間市の住居またはアトリエ。仏子駅近くの高台に位置する。 「透明人間...

透明人間に狙われた家 画像

透明人間に狙われた家
2019/01 ©Google

近くのスポット

透明人間に狙われた家 ストリートビュー・空中写真

透明人間に狙われた家 関連ブログ・参考リンク

https://ameblo.jp/shizukumama04/entry-11413394900.html
昨日は飯能市にあるムーミン公園として有名なあけぼの公園に行ってきました。地図の通り、元加治駅で下車徒歩20分公園にはお弁当必須です。なーんも無かったのでおにぎりや唐揚げ持ってて良かった♡ムーミン公園で遊んだあとハイキングコースへ行こう!という旦那さん提案にひーこら山登りました…。旦那さんハイキングコースは短くぐるっと回っていてまたムーミン公園に戻ると思ってたけどそんな事なく本格的な山の中コースで歩き続ける事仏子という駅の方へ山を降りた所に大きなオブジェ
https://ruins-cat.com/blog-entry-317.html
「透明人間の殺人鬼」は埼玉県入間市にある電波物件。透明人間に命を狙われているという危機感を抱いた住人が、その危険性を周知するために描いた独特の看板群で知られている。その看板によると、透明人間との出会いはここへ越してきて2~3年が経ったある夜のことだった。なんとなく人の気配がするので寝ていた体を半分起こしたら、そばにのっぺらぼうの人間が立っていた。そして彼はしゃがむような感じでスーっと消えていったという。それ以来17年間、透明人間にはさまざまな嫌がらせを受けたらしい。いわく彼はカギ空けのプロで、超音波やマイクロ波を放ち、下の家に住んでいる二重人格のキチガイ野郎だと当人は主張している。そしてついに今年の3月25日、自宅に火を着けられて敷地が全焼してしまう(後述)。こうした長年にわたる被害があり、警察にも再三訴えてきたにも関わらず、狭山警察署はまったく動いてくれなかったという。それでは以下に詳しく見ていくとしよう。
https://blog.goo.ne.jp/rinjuki/e/e09d8a19ddaf61ee41371214a384ca5b
加治丘陵の山中で道に迷い、ようやく辿り着いた怪しい緑の館。妖精ヘップバーンの代わりに巨しりが四体あった。この薄気味悪い館には、透明人間の殺人鬼がいるらしい。明智小五郎さぁ~ん。あ、サービスで一人分だけ、巨にゅうもご報告します。ほか三体は侵にゅう不可能でした。