日窒社宅 概要・歴史

日窒社宅丹岫寮)は、埼玉県秩父市の日窒鉱山に残る鉱山住宅跡。日窒鉱山関連遺構の一つである。

日窒鉱山は現在も稼働しているが、最盛期には3000人を擁した鉱山街は縮小し、居住区は2006年までに無人化している。

二階建ての木造長屋が斜面に複数残っていたが、 2014年2月の大雪で多くの建物が圧壊、非常に危険な状態となった。

社宅への道は赤岩橋という橋を渡る形になる。厳重に管理されている。

状態
2019年06月18日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

日窒社宅 住所

埼玉県秩父市中津川

日窒社宅 種類

団地・住宅・別荘

日窒社宅 画像・写真

日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
丹岫寮
日窒社宅
丹岫寮
日窒社宅
丹岫寮
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅
日窒社宅

日窒社宅 ストリートビュー・空中写真

日窒社宅 ブログ・リポート

REPORT - 090 日窒鉱山社宅 再訪|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10870512192.html
2011年4月24日 6Frogsの6Frogs - 毎日をデザインで考えるの記事、REPORT - 090 │ 日窒鉱山社宅 再訪です。 滅びの美学 [ 廃墟・廃屋・遺跡・廃村・廃道 ] 探索 - 066 ニッチツ社員住宅 ニッチツ自体がとっても有名物件なのは何度も説明したと思うのだけど診療所、講堂 、そしてこの社宅群は...
日窒鉱山跡地へ
http://www.geocities.jp/evomix5/kouzann.htm
少しだけ霧がはれた 視界が良くなってくると・・・廃墟のような建物がっ!! 「日窒鉱山 跡」らしい なんか不気味だ 昔の社宅なのかな?かなり古くガラスも割れてる まだ使って いる場所もあるらしい 誰も居ないのに・・・視線を感じる このトンネルは不気味だった・・・
日窒鉱山 5
http://homepage3.nifty.com/rurounotami/ruins_nittitu05.htm
日窒鉱山 5. 切り立った岩壁が迫力のこの山は、日本百名山である両神山(赤岩) 集落 を見下ろすようにそびえています。 本当はイケナイのですが、或る一軒の廃墟の中にお 邪魔してみます。 ここの廃墟社宅群はどこもカレンダーが幾つも貼ってあります。
日窒鉱山 2-1
http://www45.tok2.com/home/ojiya/tannken/nittitu3.htm
日窒鉱山. 社宅ですかね。 俺らは公民館?をあとにして、また登り始めました。 この 建物はほとんど閉まってましたが(全部は確認してません)、ひとつ開きました。 早速 入ってみることに いや~廃墟に来てこんな感情を抱いたのは初めてですね。 てゆーかねぇ、
REPORT - 090 日窒鉱山社宅 再訪の画像 | 6Frogs - 毎日をデザインで
http://ameblo.jp/6blogs/image-10870512192-11183616871.html
6Frogs - 毎日をデザインで考えるの「REPORT - 090 │ 日窒鉱山社宅 再訪」に投稿 された画像です。 このブログの新着記事. 解体企画│川南工業浦之崎造船所跡 解体 … 01月10日. SCENERY - 172│ 冬の蓼科. 01月09日. REPORT - 159 │ 旧和賀川
【N鉱山】鉱山社宅4 ”マンガ部屋” - 追憶の彼方へ-廃墟黙示録- - Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/34503890.html
2008年1月15日 日本各地の廃墟・廃校・観光スポット・工場夜景等を紹介していきます。 お気に入りの人 表紙を見ても知っている作品はありませんでしたが、藤子不二雄や手塚治虫など かつてトキワ荘に. 住んでいた .. コスモス自販機; 書庫 半チケ・パンフ
明日への風 ZZR250/400 ツーリング記 | 中津峡編
http://askz.sakura.ne.jp/shorttr/20121102.html
2012年11月2日 最後は、中津峡の奥にある日窒鉱山を回ってから戻ります。 2010年はちょうどピーク 、2011年は 1日違いなのに既に枯れています。2012年は10日早くまだ色づいていませ ん。 平日に休めない 日窒鉱山旧社宅の廃墟です。これも良い
日窒鉱山 2-2
http://www45.tok2.com/home/ojiya/tannken/nittitu4.htm
とりあえず、さっきの建物は出てきました。ふぅ。 結局あの建物はなんだったのか分かり ませんでした。 宿泊施設?病院?集会所? 知ってる方がいたら是非教えてください。 ところで、もういい加減疲れたんで下山することにしました。 が、この写真の上のほうに 何 
日窒鉱山社宅・滝沢ダム--小倉沢 風景/ウェブリブログ
http://06407106.at.webry.info/200909/article_3.html
本日は親父の実家である秩父から近い、日窒鉱山の社員宅に行きました。パッと見、千と千尋の神隠しに出てきそうな廃墟石灰石の山滝沢ダム
くろべぇの廃墟 : ニッチツ鉱山社宅その5 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/6671253.html
2012年2月6日 ニッチツ鉱山社宅その5. 2009年9月28日、2010年1月2日、2010年4月10日、2011年10月16日探訪。 集落跡の奥にある、最後まで住人が居たアパート。 左右に二棟のアパートが残る。 IMG_7552 IMG_7549 左側のアパート。 IMG_7546
chapter-61鉱山村と中津川三峰口停車場線 - Biglobe
http://www7a.biglobe.ne.jp/~inamaru/chapter-61/chapter-61nakatugawa.html
この県道は秩父市大滝の中津川から秩父鉄道の三峰口駅を結び、停車場線としては長い路線です。 奥秩父を旅行をする気分 折角、こんな山奥まで来たのですから、廃墟となった鉱山村を少し散策してみましょう。 さらに山を下ると鉱山の設備が山裾にへばりつくように建っていて、現在も稼働している工...
年度末有給休暇消費旅行 ニッチツ鉱山 - So What? ~ 写真生活
http://bigdaddyphoto.blog41.fc2.com/blog-entry-1001.html
2013年4月13日 国道140号線で滝沢ダム方面からニッチツに入ると、現在も稼動している郵便局やニッチツ鉱場は右手に見えるのだが、脳味噌が描いていた . 廃墟ばっかり撮っていても飽きるだけ、せっかくの旅行、イチゴ100個くらい食わせておくれ。 本文にも書いていますが、三峰口近くの贄川宿と合...
八丁峠 (埼玉県)<峠と旅>
http://www.geocities.jp/wellon2/tohge/tohge_7h/haccyou/haccyou.htm
道は西方から流れ下って来た神流川の支流の左岸沿いを下る。上流には広河原沢という川がある。実はこちらが神流川の本流だと思っていた。文献で「雁掛峠を 源流とする雁掛沢を合わせ神流川に流入」するのが小倉沢となっていた
日窒社宅、大滝村立鉱山保育園 | 廃墟巡り~haikyomeguri
https://haikyomeguri.wordpress.com/%E6%97%A5%E7%AA%92%E7%A4%BE%E5%AE%85%E3%80%81%E5%A4%A7%E6%BB%9D%E6%9D%91%E7%AB%8B%E9%89%B1%E5%B1%B1%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92/
日窒社宅、大滝村立鉱山保育園日窒社宅、大滝村立鉱山保育園は2016年7月に巡った、埼玉県にある廃社宅、廃保育園です。総合評価:【4.2】★★★★★【アクセス】「簡単にアクセスできる。車、バイクなどを近くにとめる余裕もある」★★★★★【規模】「見るものがたくさん
【廃村】日窒鉱山廃墟群 中 | 廃墟を旅する
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-57.html
廃墟に春が訪れる日窒鉱山廃墟群 中 前回の【日窒鉱山廃墟群 上】の続きです。孤立したアパートから見えた下の廃墟まで下りてきた。ここは日
日窒鉱山社宅 | Departure
https://departure.amebaownd.com/posts/5263911
多い時は数千人が住んでいた集落。二階建ての木造長屋が斜面に複数ある。学校、商店、病院、一通り揃っており、赤岩文化的会館や日窒診療所など見所が豊富だ。今は誰一人住んでいない。屋内は昭和初期~中期の情緒がそのまま残されており、全国の愛好家を魅了して止まない。老朽化

ピックアップ廃墟