日窒診療所は、埼玉県秩父市の日窒鉱山跡に残る廃病院。「N診療所」等として紹介されていることもある....

日窒診療所(日窒鉱山病院)

日窒診療所(日窒鉱山病院) 概要・歴史

日窒診療所は、埼玉県秩父市の日窒鉱山跡に残る廃病院。「N診療所」等として紹介されていることもある....

日窒診療所(日窒鉱山病院) 画像

©Departure
©Departure

近くのスポット

日窒診療所(日窒鉱山病院) ストリートビュー・空中写真

日窒診療所(日窒鉱山病院) 関連ブログ・参考リンク

http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-56.html
2011年5月16日 それは実質、「廃墟」との最初の出会いであった。それからは幾度となく足を運んだ。昼夜 問わずである。なので、何がどこにあるのかはだいたい分かっている。ただ、診療所だけ は行ったことがない。 この日窒鉱山廃墟群は広大であり、そのため
http://homepage3.nifty.com/anecdotier/texts/about/a-nittitsu.html
日窒秩父鉱山村. 廃墟齢, 不明, 危険個所, 滑落、転落、崩壊、崩落. 築年数, 不明, 規模 , 廃墟は小規模建物が10棟程度 そのほか有名な廃校・小倉沢小学校と日窒鉱山 病院跡、病院となりの集会所がある、さらに現役稼動工場のふもとには、廃墟化した
http://haikeinostalgia.blog.fc2.com/blog-entry-205.html
5 日前 写真2枚目: 未開封の薬瓶。数年前迄は、この部屋に薬瓶は置かれていませんでした。 廃墟の物が良く移動するのは有名なお話。 写真3枚目: 埃を被ったフラスコ。 撮影地: 埼玉県「日窒鉱山 診療所跡」 にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋
http://ameblo.jp/6blogs/image-11125334830-11712664252.html
6Frogs - 毎日をデザインで考えるの「SCENERY - 179 │ 日窒診療所」に投稿された 画像です。 6Frogs - 毎日をデザインで考える ・ 解体企画│川南工業浦之崎造船所跡 解体レポート ・ SCENERY - 179 │ 日窒診療所 ・ >>画像一覧へ
http://ameblo.jp/6blogs/entry-11125334830.html
2012年1月26日 SCENERY - 179 │ 日窒診療所. テーマ:・SCENERY - ・ 6Frogs - 毎日をデザインで 考える-ニッチツ 日窒 鉱山 廃墟. 過去に何度も訪問しているニッチツの日窒診療所、 年々劣化が進んでそう遠くない時期に倒壊しそうだ。 REPORT - 088
http://ch.nicovideo.jp/haikyo55/blomaga/ar278480
『診療所入口』商業施設のあるエリアから少し進み川にまたがる鉄橋を渡ると、次に目にするのはこの診療所。『診療所内部』
http://ameblo.jp/airitakashi/entry-10662200741.html
N鉱山の診療所跡です。私的には断トツにホームラン廃墟です~(笑)外観。この開いた窓から潜入。うぉ~♪床落ちてるし~、ボロボロだし~(笑)レントゲン室らしき部屋。ズタボロで怖すぎます薬が沢山置いてある部屋。薬の瓶がなんかいい他の部屋にも薬の瓶が散らばっていました
http://jordymeow.jp/nippon-no-haikyo-byouin/
病院というところはかなりヤバいところだと前々から思っていたが、これが廃墟病院となるとまた全然次元が違う。廃墟病院にはずっと魅力を感じていたが、日本の古いものは別格だ。なにかこう魔力の様な魅惑的な力があって、そこ
https://ameblo.jp/6blogs/entry-10867069401.html
※2014年2月の記録的な大雪(※1)で日窒鉱山社宅の大部分が圧壊しました、また関連する鉱山施設においても現役・廃墟問わず数棟が崩壊した事を確認しました。日窒鉱山病院に至っては現在崩壊の恐れがある為に注意が必要です。※1:以下参照-ウィキペディア平成26年豪雪