シュヴァルの理想宮

シュヴァルの理想宮(Palais idéal du facteur Cheval)は、フランスに存在する建築物。入り口に書かれた文字より「理想宮」と呼ばれている。 パラノイア患者の手による建築物として知られている。

1879年、フランス南部の片田舎であるドローム県オートリーブにおいて郵便配達夫であるフェルディナン・シュヴァルは、ソロバン玉が重なったような奇妙な形をした石につまづいた。

その石から何らかのインスピレーションを得たシュヴァルは、以降、配達の途上石に目をつけ、仕事が終わると石を拾いにいき、自宅の庭先に積み上げるという行為を続ける。

1912年、33年の月日を経て宮殿の「建設」は終了。 村人達からは変人の所業として白い眼で見られたが、徐々にマスコミに取り上げられるようになり、見物客が訪れるようになった。

シュヴァル自身は、この宮殿には居住せず、地下に墓所を造り、家族と一緒に「エジプトのファラオ」のように埋葬されることを望んでいたが、教会や村人たちの反対で断念。村営墓地に、理想宮に似た小規模な墓所を造った。

シュヴァル没後、シュールレアリスムの詩人アンドレ・ブルトンが「宮殿」を称賛、詩を作成。 現在、フランス政府により国の重要建造物に指定され、修復も行われている。

シュヴァルの理想宮 国

フランス

シュヴァルの理想宮 種類

珍スポット・巨大施設

シュヴァルの理想宮 画像

シュヴァルの理想宮 写真・ブログ・リポート

フェルディナン・シュヴァルの手作りのお城 | 死ぬまでに一度は行って
http://worldtv.blog.fc2.com/blog-entry-169.html
2010年6月4日 この、不思議な造形の城、「ポストマン・シュヴァルの理想宮」と呼ばれているそうです。 なんでも、1800年代後半のポスト 廃墟 廃墟のカテゴリ。だいたい18~19世紀以降の 味のある廃墟を集めたカテゴリ一覧ページです。 遺跡一覧 遺跡
シュヴァルの理想宮
http://ameblo.jp/hemoglobin/entry-10752732745.html
ある日、郵便配達夫シュヴァルは石ころを拾う。そこから一人で作ったとは思えない、とんでもない理想宮が生まれた。究極のDIYだ。旅をしていないシュヴァルが絵葉書から想像して創り上げた建物を
2009年フランス旅行記~シュヴァルの理想宮~
http://yudetako.s113.xrea.com/diary-2009France_Cheval.html
それはフランスのある地方に現存する、たった一人の人物が独力で作り上げた宮殿。 名 もない郵便配達夫が人生の全てを捧げた、彼の理想の宮殿。 それこそがフランスの 南部ドローム県にある小さな村に、130年前に作り始められた、 「シュヴァルの理想宮」 で
シュヴァルの理想宮
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nozomi/tabisaki/Hauterives/top.htm
Vでこの“シュヴァルの理想宮”を紹介していたのを偶然見たとき以来 『この目で実物を見 てみたい!』と心の片隅に想い続けて来ました。勿論、一番に、この奇妙な建物に たいへん興味を持ったのですが、郵便配達のおじさん個人が、このようなものを何年も かけて
シュヴァルの理想宮 - DDN JAPAN
http://japan.digitaldj-network.com/articles/17543.html
2013年9月5日 フェルディナン・シュヴァル, 建築, アウトサイダーアート, 【33年の歳月】郵便配達人がたったひとりで作り上げた巨大要塞「シュヴァルの理想宮」
シュヴァルの理想宮~フランス旅行記~ - 旅の薫り
http://tabinokaori.fc2web.com/france/cheval/cheval.htm
あまり知られた場所ではありませんがお勧めです!!おもしろい!一見の価値ありです!! 私にとっては世界中の有名な観光地にある教会やすごいと言われる建造物達、スペインのガウディーの建物をみるよりもずっとすごいと感動しました。 すごいと言われてる