オラドゥール・シュル・グラヌ

オラドゥール・シュル・グラヌ(Oradour-sur-Glane)はフランス・リムーザン地方の村である。1944年6月10日、ドイツの占領下であったこの村でナチス武装親衛隊による大規模な虐殺が行われた。当時村にいた村民のほぼ全員が殺され、村は一日にして廃墟と化した。

戦後、シャルル・ド・ゴールはオラドゥールを再建しないことを決めた。ナチス占領の残忍さを後世に伝えるために当時のままにとどめようとしたのである。1999年には、フランス大統領ジャック・シラクがオラドゥールを訪問する人々にこの村が経験した惨劇を伝えるためのメモリアル・センター(サントル・ド・ラ・メモワール、Centre de la mémoire)を開設した。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

オラドゥール・シュル・グラヌ 国

フランス

オラドゥール・シュル・グラヌ 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

オラドゥール・シュル・グラヌ 画像

オラドゥール・シュル・グラヌ
オラドゥール・シュル・グラヌ

オラドゥール・シュル・グラヌ ストリートビュー・空中写真

オラドゥール・シュル・グラヌ 写真・ブログ・リポート

追い続ける
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-c87b.html
犯罪が遠い過去のことのように感じられますが、ドイツでは現在とのつながりがもっと緊密なのでしょうか。 写真 は ronengelbert さんが CC-by-nc-sa で公開しているもの。オラドゥール・シュル・グラヌ( 地図 )の町並みは、今もそのままに保た
忘れてはいけない村。
http://ameblo.jp/funkorogashi/entry-10629785353.html
村の名前は「オラドゥール・シュル・グラヌ(Oradour-sur-Glane)」。 1944年6月、ドイツ・ナチス軍により村人のほとんどが虐殺された村だ。 そしてその悲惨な状態をそのまま遺した村。
廃墟の村 - 地球探検の旅
http://earthjp.net/mercury/1008240011.html
2010年8月24日 住所, : 16 ユーロップ通り, 87520 オラドゥール=シュル=グラヌ, フランス (グーグルAPI で取得した座標の住所です。この住所は誤っていることがあります。) 座標, : 45.9323179579586 , 1.030212762644795 (緯度・経度)
ポーランド・フランス後編
http://gorippa.web.infoseek.co.jp/07WAW/07FRN/07FRN.htm
1時間程で目的地ヴィエンヌ県オラドゥール・シュル・グラヌに到着、ここは1994年06月 10日、ドイツの占領下であったこの村で、ナチス武装親衛隊による大規模な虐殺が行 われた。当時村に居た村民のほぼ全員が殺され、村は1日にして廃墟と化した。 戦争の
一瞬にして廃墟にされた街・オラドゥール | 死ぬまでに一度は行ってみたい
http://worldtv.blog.fc2.com/blog-entry-217.html
2010年7月29日 そんな虐殺にあった、フランスの小さな村の一つが「オラドゥール・シュル・グラヌ」でした 。 戦後も、その「虐殺」を忘れないために現在まで残された村。 男性達は機関銃で、 女性達は、教会一カ所に集められ、火をかけられて虐殺されたそうです。
オラドゥールの虐殺 - FC2
http://oldbattlefield.web.fc2.com/19440610_oradour.html
当時のままのこされているオラドゥール シュル グラヌ村。 殆ど全ての建物がダスライヒの兵により燃やされた。 教会の前の目抜き通りを北東に少し行ったところから西方向を撮影。 道の片側(北寄り)に路面電車の線路が通っている。 ここが一番商店が集まって 
第三帝国極悪伝説 アドルフ・オットー・ディークマン
http://adolf45d.client.jp/xxxx05.html
所属:SS第2装甲師団「Das Reich(帝国)」、「Der führer(総統)」連隊第1大隊出身:ドイツ、マグデブルグ階級:SS少佐(SS Sturmbannführer =シュトゥルムバンフューラー) 罪状:南仏オラドゥール=シュル=グラヌ(オラドゥール村)の襲撃、村民ほぼ全員の 
1日にして消えた村オラドゥール・シュル・グラヌ ORADOUR SUR GLANE
http://hideko-aix.blogspot.com/2013/09/1oradour-sur-glane.html
今までオラドゥール・シュル・グラヌと聞くたびに、気にしながら耳を傾けてはいましたが、今日は初めてこんなに村の背景や村の人々(現在はこの廃墟から離れた場所に村人の住む村があるらしいです)、そして貴重な生存者の方たちもテレビで 
2014年夏休み5日目② ~リモージュ→オラドゥール~ : Vega第三惑星
http://blog.livedoor.jp/natasha_vega/archives/51598508.html
オラドゥール=シュル=グラヌ へさて、なんでこんなクソ田舎なリモージュに来たかというと、オラドゥール=シュル=グラヌ(Oradour-sur-Glane)という村にいくため。ここは、 第二次世界大戦中の1944年6月10日に、ナチスドイツ軍により村の 
リムーザンに旅行 オラドゥール・シュル・グラヌ|フランス生活 ボルドー
http://ameblo.jp/le-beau-dauphin/entry-12029123824.html
まず、気になってた町、それはオラドゥール・シュル・グラヌです。 ここは、ドイツの占領下であったこの村でナチス武装親衛隊による大規模な虐殺が行われ、当時村にいた村民のほぼ全員が殺され、村は一日にして廃墟と化した・・・・・という 
2014年夏休み5日目③ オラドゥール=シュル=グラヌ : Vega第三惑星
http://blog.livedoor.jp/natasha_vega/archives/51598946.html
オラドゥール村(Oradour-sur-Glane)にやってきました。 ここは第二次世界大戦中にナチスドイツににより村の住民のほとんどが虐殺されてしまい、破壊された村を当時のまま保存している場所です。リモージュ市内からは車で15分ほどで行く 
1944年6月10日フランス・オラドゥール・シュル・グラヌ村事件|BLOC
http://ameblo.jp/visca-catalunya2013/entry-11875274769.html
今日は、ノルマンディー上陸作戦の裏に隠れた大きな事件が起こった日。 1944年6月10日オラドゥール・シュル・グラヌ村事件. あれから70年がたちました。本当に起こった歴史は証拠を持って残さなければなりません。 詳細は僕の 
フランスのオラドゥール=シュル=グラヌの旧村落の廃墟 : 旅予約
http://blog.livedoor.jp/magnificentscenery/archives/1016841293.html
フランスのオラドゥール=シュル=グラヌの旧村落の廃墟. 2015年01月04日. 1944年6月10日のナチス武装親衛隊による大虐殺によって村民のほぼ全員が殺され一日にして廃墟と化した村。 注意 廃墟オタは建物の中の荒廃ぶりにビンビンになれる種族