シューシ(シュシャ)

シューシシュシャ)は、アゼルバイジャン南西部の町。国際的には認められていないものの、実質的に独立しているナゴルノ・カラバフ共和国の支配圏にある。

ナゴルノ・カラバフ戦争により甚大な被害を受けた。狭義の廃墟ではない

一部現役等、通常の不使用状態ではありません

シューシ(シュシャ) 国

アゼルバイジャン

シューシ(シュシャ) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

シューシ(シュシャ) 画像

シューシ(シュシャ)

シューシ(シュシャ) ストリートビュー・空中写真

シューシ(シュシャ) 写真・ブログ・リポート

戦争で廃墟と化したかつての首都シューシの刑務所 - 地球探検の旅
http://earthjp.net/mercury/0902090008.html
2009年2月9日 アルメニアとアゼルバイジャンの戦争でたいへんな被害を受けたといわれるかつての 首都「シューシ(シュシャ)」。航空写真で見ても、屋根のない建物が見え、廃墟と化して いるのがよくわかりますが、刑務所だけは立派

ピックアップ廃墟