工口本小屋は、岐阜県瑞浪市の廃屋の通称。 木造二階建て建ての民家(別荘)である。 建設時期不詳な....

エ○本小屋(岐阜県)

エ○本小屋(岐阜県) 概要・歴史

工口本小屋は、岐阜県瑞浪市の廃屋の通称。 木造二階建て建ての民家(別荘)である。 建設時期不詳な....

エ○本小屋(岐阜県) 画像

別荘地内の道路は車両での通行は危険な状態である
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
家があるとは考えられない場所に唐突に建物が現れる
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
斜面に建っているため、道路から一階に見えるのは二階である
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
二階室内。かつて床を覆い尽くしていた書籍は風化し、そもそも床が抜けている
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
無数の残骸
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
一階は既に部屋の原型を留めていない
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
壁面が斜面に向かって崩れており、倒壊も時間の問題と思われる
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
書籍もほとんどそれとわからない
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
靴が残されている
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
大人向けのビデオであろうか
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

エ○本小屋(岐阜県) ストリートビュー・空中写真

エ○本小屋(岐阜県) 関連ブログ・参考リンク

http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/ero/erotyousa/ero06-200.htm
朝、岐阜駅で落ち合った我々は、早速エロ本小屋へと向かった。 東海秘密倶楽部の 酒井さん・舟橋さんと、私よごれんの3人だ。 エロ本小屋を訪れるのは、酒井さんからの リクエストがあった。 小さな小屋なのに、どんなに大きな廃墟よりも強烈なインパクトの ある
http://roadsidediaries.blogspot.com/2009/07/blog-post_6599.html
2009年7月22日 エロ本小屋への道案内をしてくれたのは、中部エリアの廃墟を定点観測するアマチュア・ フィールドワーカーたちでしたが、 彼らのリサーチによれば、小屋の主(というか スクラップ・アーティスト)は岐阜県在住らしい中年男性で、週にいちどか
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/34593504.html
2010年8月21日 今回ご紹介するのは、一時期廃墟ファンの間ではかなり話題になっていた通称「エロ本小屋」。 鄙びた温泉地の近くで、今は使われていないと思われる別荘地の中にエロ本小屋はあります。 「TEAM廃墟」さんが発見された場所で、5年にわたりツ黴
http://blog.livedoor.jp/ruins_giso/archives/3571329.html
数年前、この近くで一人の男性が亡くなった理由はわからないが、ひたすらエロ本を切っていた何度も何度も通い詰め亡くなる前には、車の中で生活していたらしい彼に何があったのか?なぜ、人里離れたこの場所を選んだのか?今となっては、誰にもわからない彼の冥福を祈る
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/ero/ero.htm
エロ本小屋上から順に時系列になっています。はじめてご覧になる方は、上から順にご覧下さい。エロ本小屋エロ本小屋2006戦慄のエロ本小屋エロ本小屋本格調査エロ本小屋新章~その真実に迫る~「エロ山」4年目の真実エロ本小屋、終結
http://unforgivens.blog96.fc2.com/blog-entry-8.html
今回は廃虚スポットから心霊スポットにジョブチェンジしたかもしれない廃虚一部で有名な「エロ本小屋」です。場所は寂れた温泉街多分今行けと言われても道が複雑過ぎて(忘れて)もう行けないでしょう←っと言う訳でご紹介!探索当時エロ小屋の詳細な場所は特定されておらず現地で
http://kokoteikoku.web.fc2.com/Haikyo/22Ehausu.html
22.松野湖周辺エロ本小屋探索日2012年11月30日一時期話題になった有名なエロ本小屋がたまたま鬼岩温泉の近くにあることが判ったのでついでに見ることにしました。場所が入り組んだ林道の中なので事前によく調べておきましたが、念のため廃墟探索を始めた頃に購入してい
http://blog.livedoor.jp/donburi01/archives/1995664.html
先月のある日フラッと松野湖方面に行きたくなり、あのあたりの廃道を踏破してみようと思い立って行ってみた。いや、もう少し正確に言うと「あの場所」がまだあるかもしれない、あれば見てみたいという思いに突き動かされてのことであった。思いつきでディープな場所に行ってしまう
http://blog.livedoor.jp/donburi01/archives/877878.html
色々なサイトにて存在を知り、興味深く見ていました。この周辺だったとは、7月11日にこの光景を見るまでは知りませんでした。私はピンで行動してたまたま発見しただけなので、偉そうなことを言う気はありません。ただただ、彼の冥福を心より祈りたいと思います。それにしても一
http://blogs.yahoo.co.jp/team_kokudo_yuji/12875933.html
今日は天気がよいので昼からDTでお出かけです。ひさしぶりにエロ本小屋へ行きました。小屋の前には大量の切り刻まれたエロ本が散乱しており、小屋の中にも堆積しておりました。あきらかに量が増えているようなきがします。猟奇エロ本小屋小屋の1本下の通りの斜面にもあいかわら
http://tocana.jp/2017/01/post_12100_entry.html
岐阜県の某温泉街。その近くの山中には「エロ本小屋」と呼ばれている廃屋があります。名前からしても奇妙なその廃屋を発見したのは、中部地方のとある廃墟マニア集団で、「エロ本小屋」という名前もまた彼らによって付けられた
http://hades1752.blog.jp/archives/3571329.html
廃墟 岐阜県 数年前、この近くで一人の男性が亡くなった 理由はわからないが、ひたすらエロ本を切っていた 何度も何度も通い詰め 亡くなる前には、車の中で生活していたらしい 彼に何があったのか?なぜ、人里離れたこの場所を
http://mjerry.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
ふざけた名前ではあるが、静かにたたずむ廃墟である。名前の通り、建物自体が成人向け雑誌で覆われている。床の写真であるが、誰が何のためにここまで