ティラン海峡の廃飛行機(サウジアラビア) 概要・歴史

50年前の砂漠の廃飛行機

サウジアラビアのアカバ湾近くにあるティラン海峡そばの海岸に五十年以上放置されている水上飛行機。衛星写真からでも確認できる。

これはかつての軍用水上機PBY-5A Catalinaで、1960年にケンドール氏が家族と共に世界一周の旅に出た際に乗っていたもの。海岸に着水したところ、サウジアラビア軍部および当時のイスラエルと結ばれたベドウィンに銃撃を受け、脱出しようとして浅瀬に乗り上げた。

ケンドール氏らは拿捕されたが、後に解放された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ティラン海峡の廃飛行機(サウジアラビア) 国

サウジアラビア

ティラン海峡の廃飛行機(サウジアラビア) 種類

廃車・廃船・廃飛行機

ティラン海峡の廃飛行機(サウジアラビア) 画像・写真

ティラン海峡の廃飛行機(サウジアラビア)

ピックアップ廃墟