アタカマ砂漠の巨大な手

アタカマ砂漠はチリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠である。

このアタカマ砂漠に、チリの彫刻家Mario Irarrazabal氏によって1992年に造られた、高さ11メートルもの巨大な手がある。

珍スポットとして愛好されていますが現役施設です

アタカマ砂漠の巨大な手 国

チリ

アタカマ砂漠の巨大な手 種類

珍スポット・巨大施設

アタカマ砂漠の巨大な手 画像

アタカマ砂漠の巨大な手 写真・ブログ・リポート

チリ アタカマ砂漠ツアー 行き方 旅行情報
http://www.surtrek.jp/chile/atacama.html
砂漠の真っ只中に突如ニョキッと伸びる巨大な手。全長11メートルにも及ぶこの巨大な 手は、1992年にチリの彫刻家マリオ・イララサバル(Mario Irarrázabal)によって造られ ました。サン・ペドロ・デ・アタカマから西に車で約4時間半~5時間のアントファガスタ
砂漠に突然現れる巨大な「手」 | DDN JAPAN
http://japan.digitaldj-network.com/articles/9630.html
2013年2月12日 40年間雨が振らなかった場所もあるという世界でもっとも乾いた砂漠、アンデス山脈と 太平洋の間にあるチリのアタカマ砂漠を訪れると、標高1,100メートルの場所に突如 として高さ11メートルの巨大な手「Hand of the Desert」が砂漠から突き出 
賀曽利隆 ON THE ROAD 「南米・アンデス縦断」(36)
http://kasori.blog25.fc2.com/blog-entry-1863.html
南に下ると亜熱帯圏から温帯圏に入っていくのだが、熱しやすくて冷めやすい砂漠の気候はじつに厳しい。 そんなアタカマ砂漠の中に巨大な手のモニュメントがあった。国道5号を外れて砂漠を走り、「手のモニュメント」の前で写真を撮った。