コレヒドール島の太平洋戦争記念館

コレヒドール島(Corregidor)はフィリピン、ルソン島マニラ湾の入り口に浮かぶ小島。

その太平洋戦争記念館には、大戦中に破壊された兵舎などの廃墟が保存されている。

第二次世界大戦前より、コレヒドール島にはアメリカ軍の基地がおかれ、戦略上の要衝であった。

1941年12月に日本軍がフィリピンに攻め入ると、アメリカ極東陸軍のダグラス・マッカーサー将軍はコレヒドールに司令部を置いて防御戦闘を指揮したが、大統領の指令により1942年3月に家族やマニュエル・ケソンフィリピン共和政府大統領らと共にオーストラリアへと逃れた。1942年4月にバターン半島の米比軍は降伏したが、コレヒドール島は残って戦いを続け、1942年5月6日になってコレヒドール守備隊は降伏した。

その後は日本軍の占領下におかれたが、1945年になり戦況がアメリカを含む連合国軍に有利に逆転すると、マッカーサーはアメリカ軍やオーストラリア軍によりフィリピンの日本軍を圧倒した。マッカーサーはコレヒドール島奪回にもこだわり、1945年2月に第503空挺連隊戦闘団の空挺降下作戦により再占領した。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

コレヒドール島の太平洋戦争記念館 国

フィリピン

コレヒドール島の太平洋戦争記念館 種類

軍事施設・戦争遺構

コレヒドール島の太平洋戦争記念館 画像

コレヒドール島の太平洋戦争記念館 写真・ブログ・リポート

コレヒドール島
http://www2.ttcn.ne.jp/Philrail/korehido-ru.htm
このページでは、この島の建設から砲弾輸送、物資輸送、住民輸送に重要な役割を 果たした鉄道を中心に紹介します。 参考にした資料 SUN CRUISES.INC. パンフレット C.S.Small著 RAILS TO DOOMSDAY コレヒドール島太平洋戦争記念 館
コレヒドール島1日観光ツアー: Makisonリゾートスタッフブログ
http://makisonresort.seesaa.net/article/199539853.html
2011年5月6日 ③灯台海抜188mにある灯台からはマニラ湾、南シナ海、そしてコレヒドール島の全景を 一望出来ます。 目の前に広がるマニラ湾に感動しますよ!! ④太平洋戦争記念館 1968年にアメリカ政府が巨額の費用を投じて建設した記念館です。