モニノ空軍博物館のVVA-14エクラノプラン

Bartini Beriev VVA-14エクラノプランは、1970年代にソ連が開発した地面効果翼機(WIG)。地表面や水面上を機体の幅と同程度の高度を保って飛行し、それによって得られる地面効果を利用することで高速性と大量輸送を両立することを可能とする。

モスクワ郊外モニノ空軍博物館に、野ざらしとなって放置されている機体を見ることができる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

モニノ空軍博物館のVVA-14エクラノプラン 国

ロシア

モニノ空軍博物館のVVA-14エクラノプラン 種類

軍事施設・戦争遺構

モニノ空軍博物館のVVA-14エクラノプラン 画像

モニノ空軍博物館のVVA-14エクラノプラン 写真・ブログ・リポート

カスピ海は怪物ランド
http://www.geocities.jp/norimono_zukan/vva14.html
ロシアの誇る飛行艇メーカー、ベリエフが1970年代に試作した、飛行機史上他に例を見 ない水陸両用大型VTOL機、VVA-14と 【写真02:VVA-14のエクラノプラン改造版 14M1P】 . モスクワ郊外モニノ空軍博物館でほったらかしの14M1P、もの悲しい。