オイルロックス(アゼルバイジャン)

オイルロックス(Oil Rocks, Neft Dashlari, Neftyanyye Kamni)は、アゼルバイジャンの首都バクーに残る旧ソ連の石油開発基地跡。

カスピ海上の、バクーから100km、最も近い沿岸から55kmに位置する。1949年に建造が始まり、1951年に採掘可能な状態となり、1952年に採掘開始した。1958年には開発は更に抱きボになり、町全体が作られた。

ソ連崩壊後も開発は続けられているが、三分の一の油井が使用不能となっているという。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

オイルロックス(アゼルバイジャン) 国

アゼルバイジャン

オイルロックス(アゼルバイジャン) 種類

廃鉱・採石場跡

オイルロックス(アゼルバイジャン) 画像

オイルロックス(アゼルバイジャン) 写真・ブログ・リポート

REVIEW 「第22回東京国際映画祭」 natural TIFF 『石油プ
http://omasuda.at.webry.info/200911/article_15.html
1949年の建設当時、カスピ海に浮かぶそれは ソ連の社会主義体制の威容を誇る象徴的な建築物だったのだろう。 プラカードに記された“世界八番目の不思議オイル・ロックス”。
アゼルバイジャン共和国のオイルロックスの地ムービー「石油
http://location.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-012f.html
2009年11月10日 アゼルバイジャン共和国のオイルロックスの地ムービー「石油プラットフォーム」、ロケ地 はカスピ海に浮かぶアゼルバイジャン共和国のオイルロックス。 映画「石油 プラットフォーム(Oil Rocks - City Above The Sea)」(マルク・ヴォルフェンス