レデのメーセン城(Castle of Mesen ベルギー)

工場、寄宿学校として用いられた城

ベルギーのレデ(Lede)にあるマンセン城(メーセン城、Castle of Mesen)。

何度か建てなおされ、現在残るのは17世紀のもの。7ヘクタールの庭に多くの建造物を持つ。

1796年以降、居城としては用いられず、19世紀には城の地下室がジン蒸留所、砂糖精製所、カリ製油所、タバコ工場として使用されていた。現在も当時の機械類が残存する。

1897年、城は修道会により購入され、ネオゴシック調のチャペルが建てられた。第一次世界大戦後、地元の子供たちのための学校が作られた。

1914年から1970年の間、レデ寄宿学校として使用された。これはドマントノン婦人がフランスのサンジェルマンアンレーに創設したものだったが、その学校が破壊されたためベルギーのレデに移ってきたものだ。貧しい貴族階級の女性たちのための学校で、後に軍人の娘も受け入れるようになった。150人ほどの生徒たちが暮らし、授業はフランス語で行われた。

1970年以降、城は防衛省の管轄となったが、修繕費用が高額となることから、歴史的建造物として認められないでいる。

2010年に解体された。

解体され現存していません

レデのメーセン城(Castle of Mesen ベルギー) 国

ベルギー

レデのメーセン城(Castle of Mesen ベルギー) 種類

廃校

レデのメーセン城(Castle of Mesen ベルギー) 画像

レデのメーセン城(Castle of Mesen ベルギー)
レデのメーセン城(Castle of Mesen ベルギー)

レデのメーセン城(Castle of Mesen ベルギー) 写真・ブログ・リポート

AbandonedCastleofMesen:メーセンの城|TomboyUrbex
http://www.tomboy-urbex.com/castle-of-mesen/
メーセン城はベルギーのレデ(Lede)という町の中心部にある大きな城の廃墟。敷地内にはとっても素敵な教会の廃墟もあり、ヨーロッパでは有名な廃墟の一つでした。ここは大好きな廃墟の一つでしたが、2010年に取り壊されてしまいました。残念!
A Walk In The Park « Forgotten Detroit: Blog
http://www.forgottendetroit.com/blog/?p=408

ピックアップ廃墟