サス・ヴァン・ゲントの幽霊屋敷(Ghosthouse of Sas van Gent)

サス・ヴァン・ゲントの幽霊屋敷Ghosthouse of Sas van Gent)は、オランダのセーラント州サス・ヴァン・ゲントにある廃屋。ベルギーとの国境付近に位置する。地元では「デ・ヴィラ(de villa)」と呼ばれている。

1905年にサン・ゴバン(Saint Gobain)が建築家ヨゼフ・アフガスト・ヤコブス(Jozef August Jacobs)に命じ、ガラス工場と家屋を建設した。ヤコブスは工場長となり、このヴィラの最初の所有者となり、妻と母、五人の子供と共に暮らした。1910年には同じくサス・ヴァン・ゲントにリン酸塩工場を建設した。

1914年に第一次世界大戦が始まると、オランダは中立を保ったが、国境地帯には通電フェンスが設けられた。脱走したドイツ兵がヴィラの向かいにある通電フェンスで死亡した、と言われるが、定かではない。

1927年、ヤコブス家はヴィラを明け渡し、ベルという富豪がガラス工場を買収、ヴィラに移り住んだ。

その後スカウト活動のグループが利用していたが、1951年に放棄された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

サス・ヴァン・ゲントの幽霊屋敷(Ghosthouse of Sas van Gent) 国

オランダセーラント州

サス・ヴァン・ゲントの幽霊屋敷(Ghosthouse of Sas van Gent) 種類

団地・住宅・別荘

サス・ヴァン・ゲントの幽霊屋敷(Ghosthouse of Sas van Gent) 画像

サス・ヴァン・ゲントの幽霊屋敷(Ghosthouse of Sas van Gent)