永谷集落 概要・歴史

永谷集落は、福井県大飯郡にある廃村。

1965年に関西電力が計画した100万キロワット級の揚水発電所の下部貯水池予定地とされ、水没地区として立ち退きとなった。その後ダム計画は白紙となったが、住民は戻らず、廃村となった。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

永谷集落 住所

福井県大飯郡おおい町名田庄木谷

永谷集落 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

永谷集落 ブログ・リポート

【廃村】悲哀なる集落 - 追憶の彼方へ-廃墟黙示録- - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/ruinsrider/34744196.html
2008年1月15日 ダム計画が白紙となっても、一度離れたこの集落には住民が戻ることがなかったようで 、. 今は数戸の民家や神社、寺が廃墟としてひっそりと残っているのです。 イメージ 5. 「 関電の電発に反対」. この集落を物語る看板が今でも残されてい
永谷から野田畑峠
http://www.net-work.ne.jp/~y3939/05_mikunitouge.htm
目指すは永谷という集落。しかし、永谷は廃村だという。電柱が続いている。この先に人 が住ん でいた証拠である。 今は山仕事と釣り人、そして山登りの車くらいしか入らないだ ろう道。ようやく、人家が見える。 数軒あるが、どこも人の気配がない。人家の軒下
芦生/野田畑谷・上谷・岩谷・クツベ谷・枕谷 ハイキングでダイエット
http://kitayama.blog23.fc2.com/blog-entry-400.html
2008年10月4日 今回はじめて芦生へのアプローチに利用した永谷は現在廃村になっています。北山の 廃村八丁などすでに崩壊した集落でなく、まだ何件もの家が残っており、中には痛みの 少なそうな立派なつくりのお屋敷もあります。それらの家からすっと
芦生/廃村永谷から野田畑谷 ハイキングでダイエット
http://kitayama.blog23.fc2.com/blog-entry-676.html
2012年7月1日 しかし40年間にわたるダム建設計画で廃村になった村もある。それが今回の登山口、 滋賀県名田庄村の永谷集落だった。永谷集落は芦生上谷の上部ダムの受け皿 にあたる下部ダム建設の候補地となったため、全住民が移住することになった
悲哀の廃集落 1/5
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/nagatani/nagatani-1.htm
こうして、ダムを発端とする争いにより、小さな集落は完全に消滅してしまった。 そして・・ ・ その代償により建設される予定であったダムは、その後の周辺住民の反対運動や、 町長の改選等の政治的な力の変動により、凍結された。 20年間の争いにより廃村に なっ
悲哀の廃集落・永谷集落|ダメ人間会2代目会長 u-gの無駄遣い活動報告
http://ameblo.jp/u-g5895/entry-10661067265.html
テーマ:廃村. 本日は日曜の 突 について記載したい。 尚、本日の記事については 酷道 ではなく、. 悲哀の廃集落への突入記事であるからして、. 最近恒例のシリアスタッチでの更新とさせて頂きたい。 今回は深夜の北陸自動車道を敦賀ICまで 
廃☆さんぽ 悲しき集落・永谷
http://lovelovehaikyo.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
今から49年前、もう50年近くも前ですね。1965年に、関西電力は京都府と福井県の両府県にまたがる、100万キロワット級の揚水発電所のダム建設を計画していました。そして、そのダムの予定地となったのが、京都府と福井県の境にある山間の小さな村の永谷集落です。他にも
廃村紀行
http://www.medical-law.jp/sub2-4.htm
秋のある日、名田庄村の永谷地区の廃村を訪ねました。 この地区は、関西電力が計画した京都府と福井県の両府県にまたがる100万キロワット級の揚水発電所の下部貯水池の予定地とされ、いずれ水没する地区として立ち退きに
五波峠~廃村永谷集落~堀越峠 | ひで爺の憂鬱
http://sakurajima1985.blog71.fc2.com/blog-entry-327.html
本日5時起きに備えて、昨夜は22時には床に就きました。しかし、寝れないのです。初めての道とここ数年行きたかった場所へのドキドキとワクワクで>

ピックアップ廃墟