京都大学芦生研究林軌道 概要・歴史

京都大学芦生研究林軌道は、京都府南丹市美山町にある森林軌道。

森林軌道は1927年に事務所から大蓬までの軌道敷開削工事が完成、翌1928年には七瀬まで完成。1934年には事務所~赤崎間にレールを敷設、1936年には大蓬まで延伸された。1950年には軌道の敷設区間が野田谷まで延伸された。先に路盤が完成していた七瀬まであと少しの距離であったが、ついに七瀬までレールが延びることはなかった。

1950年代以降は、赤崎西谷や赤崎東谷に引込み線が設けられ、伐採された材木の搬出に活用されていたが、1960年代中期には沿線の苗畑や作業所への通勤や資材、苗の搬入に使われる程度となった。1980年代以降は施設の老朽化もあり灰野より奥へ運転されることはなくなった。

現在も一部現役だが、芦生奥より先は廃線状態となっている。

状態
2019年02月21日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

京都大学芦生研究林軌道 住所

京都府南丹市美山町芦生

京都大学芦生研究林軌道 種類

廃線・鉄道駅

京都大学芦生研究林軌道 画像・写真

京都大学芦生研究林軌道
京都大学芦生研究林軌道
京都大学芦生研究林軌道

京都大学芦生研究林軌道 ストリートビュー・空中写真

京都大学芦生研究林軌道 スポット

京都大学芦生研究林軌道 関連ブログ・参考リンク

廃線探索 京都大学芦生研究林軌道-1
http://www.hotetu.net/haisen/Kansai/110709kyotodaigakuensyurinkidou.html
2011年7月16日 慶安3年(1650年)北村より7人灰野に定住する。更に奥、七瀬・中山にも寛文5年(1665 年)に木地師が居住していた記録があり、その後も各地に居住する人たちがいたが、 昭和35年に灰野が廃村となった時には由良川最上流の集落であった。
廃線探索 京都大学芦生研究林軌道-2
http://www.hotetu.net/haisen/Kansai/110709kyotodaigakuensyurinkidou2.html
2011年7月16日 京都大学芦生研究林軌道:京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション 芦生研究林(きょうとだいがくフィールドかがくきょういくけんきゅうセンターしんりん ステーションあしうけんきゅうりん、略称:京都大学芦生研究林)は、京都府
京都大学・芦生トロッコ
http://yonekann.oiran.org/simpleVC_20091028070652.html
京都大学演習林軌道・芦生トロッコとは. 京都府の北東部と滋賀県、福井県の県境に 京都大学の広大な演習林が広がっています。 大正10年(1921年)京都帝国大学 によって、この地帯に広がる山林民有地を購入して大学所有の実習林となりました。 大学の演習林は農学部 なりつつあるようです。 京都...
京都大学芦生研究林
http://homepage2.nifty.com/yamayuuyuu/asiu.htm
2006年5月25日 正式名称:京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林 福井 県・滋賀県に 《今回の歩行コース》美山町須後入口⇔七瀬往復由良川源流域の渓谷 沿いの旧トロッコ廃軌道跡の道・往復15.6Km. 芦生研究林入口の
由良川源流の森林軌道跡を辿る:京大芦生研究林
http://k2project.web5.jp/kesiki/asiu_sinrin/asiu_sinrin.html
2005年5月30日 京大芦生研究林は福井県と滋賀県に接する京都府北東部、由良川の源流域に位置 する。 大正10年(1921)学術研究及び実地演習を目的として、旧知井村の一部に99 年間の 地上権を設定し、芦生演習林と称した事に始まり、平成15年4
芦生のトロッコ道
http://homepage3.nifty.com/hi-red/asiu.html
現在の名称は「京都大学フィールド科学教育研究センター芦生研究林」でいいのでしょ うか。ずっと「芦生演習林」と頭にインプットされていたので少々違和感があります。 ここ には「トロッコ道」として知られた軌道があり、昭文社の「山と高原地図46 京都北山」では
芦生研究林(由良川本流・廃線跡)|ブロブログ -brocco's blog- - Ameba
http://ameblo.jp/broblog/entry-11069978732.html
廃村灰野。 最盛期には8軒の集落だったが昭和35年に廃村になったそう。 冬は豪雪に閉ざされるこの地に、当時は住むことだけで命がけやったと思う。 かつてこの地に人の営み、生活の苦楽が存在していた思うと、切ない気持ちになる。
山と音楽 Into Thin Air 芦生の森の神々 そして自然保護
http://freesolo117.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
(2006年に地蔵峠からの入林禁止になったのは知っていましたが…) 京都大学 廃村灰野を過ぎたあたりからトロッコ道も荒廃してきます。 P9020824s.jpg . 芦生は入林規制がありますが、京北町の片波川源流域にも 芦生杉の群生地が 
芦生 ゲロク谷右俣へ沢登り - Outdoor Site
http://outdoorsite.biz/sawa/geroku/geroku.htm
尚、現在は正式名称は京大演習林ではなく、今年の4月からフィールド科学教育研究センターの発足に伴い、森林ステーション・ この鉄道の正式名称は京都大学芦生演習林森林軌道(通称:芦生森林鉄道)というそうな(宮脇俊三著 鉄道廃線跡を歩くIIIより)。
鬼飛(おにとび)ブログ 京都北山登山 「京都大学芦生研究林 トロッコ軌道
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1769.html
まずは芦生山の家という公共宿泊施設を目指します。この施設の駐車場(公共トイレもあります。)に車を駐車することができますので、ここに車を置いて出発します。 なおトロッコ軌道も含めて京都大学芦生研究林に入る際には、入山の条件を 
芦生林用軌道 - Yahoo!ブログ - 無料で10GBの大容量のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hanagon60/35312500.html
以前は京都大学芦生演習林と言っていましたが、現在の正式名称は、「京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林(略称 芦生研究林)」という長ったらしい名前になってます。 でも現在でも旧称の芦生
芦生の森・トロッコ軌道跡散策
http://www5.nsk.ne.jp/~y_ogawa/ashiutoro.htm
還暦つれづれ草 芦生の森・トロッコ軌道跡散策 トロッコと聞くと、何故か子供の頃のことを想い出す。別にトロッコで遊んだ訳ではないのだが、トロッコと いう言葉は子供の心をくすぐるのだ。教科書に載っていた芥川龍之介の
芦生森林鉄道を歩く。(上)|編集長敬白|鉄道ホビダス
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2010/04/post_1243.html
研究林事務所(画面前方)を出る芦生森林鉄道の本線。右側は山神社へと続く道。絶滅してしまったはずの"未舗装の併用軌道"も今なお現役。'10.3.22 クリックするとポップアップします。 京都大学芦生研究林に残る芦生森林鉄道
京都大学・芦生トロッコ(研究林入林について)
http://yonekann.oiran.org/simpleVC_20091028082733.html
京都大学・芦生トロッコを訪問される方に 京都大学芦生演習林は京都府南丹市美山町芦生に研究林事務所があります、近年までは福井県側や滋賀県側からも入山できたそうですが、現在はこの研究林事務所からの入山しか認められ
てくてくLife~☆: 芦生トロッコ道
http://tekutekulife.blogspot.com/2012/11/blog-post_4.html
芦生研究林入口から入り、京都大学芦生研究林事務所があって、その横からトロッコ道がスタートしています。 由良川に架かる軌道橋を渡ると、もうそこから原生林の空気が漂っています。 相方曰く、芦生は自然が濃い!とのこと。
京都の秘境、芦生(あしう)の森へ行って来ました! | iPhoneと
http://masayo.info/wp/2012/09/17/asiu-miyama-kyoto.html
正確に言うと現在は「京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林」と名称が変わっていました。 ここで入林届を入れます。 現在では、一部分のみとなった軌道を不定期に走るトロッコがおいてありました
京都:ベニバナヤマシャクヤクの里美山と芦生トロッコ道を歩く
http://mohry.web.fc2.com/130603miyama_asiu.html
日時:2013.6.3(月) 天気 晴れ 集合:阪急宝塚駅 7:50 貸切バス 行先:京都府南丹市美山町内久保 ベニバナヤマシャクヤク自生地 美山かやぶきの里・京大芦生研究林トロッコ道
【日本走覇】No.4-19 関西最後の秘境・芦生の森 2011.6.10-12
http://www.drive-ns.com/4/4-19/4-19-2.html
このトロッコ軌道は正式には"芦生研究林森林軌道"っていう名前で、近代化産業 遺産なのだよ。 橋を渡り、森の内部へ じゃ、ここいらで芦生の森の概要を説明させていただきましょう。
芦生林用軌道
http://www.geocities.jp/paganrail/essays/asiu.html
京都大学芦生(あしう)演習林といえば、現在でも林鉄の雰囲気を多少なりとも味わえる希少な場所として良く知られた存在です。事実ここは研究のためにかつて木材の搬出をしていた本物の森林鉄道だったのだからそれは当然では
芦生の森
http://www.geocities.jp/mizu69room/ashiu.html
芦生の森は、京都府南丹市美山町芦生にある京都大学の研究施設であり、 正式には「京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林」 と言うらしい。 2年前に、1泊2日の「京都大学芦生研究林公開講座」に

ピックアップ廃墟