ヴァルケンバーグ精神病院 概要・歴史

ヴァルケンバーグ精神病院(Valkenberg Hospital)は、南アフリカのケープタウンにある精神病院。1891年に白人専用病院として開院。

重厚な古い建築が残っているが、現在も精神病院として用いられているため、廃墟ではない

映画『ザ・フォール/落下の王国』のロケ地として使われている。

改装・転用・リニューアルされています

ヴァルケンバーグ精神病院 国

南アフリカ

ヴァルケンバーグ精神病院 種類

廃病院

ヴァルケンバーグ精神病院 画像・写真

ヴァルケンバーグ精神病院
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

ピックアップ廃墟