山中水無山展望台 概要・歴史

山中水無山展望台(やまなかみずなしやまてんぼうだい)は石川県加賀市(旧・江沼郡山中町)にあったレジャー施設。

1959(昭和34)年1月に山中温泉ロープウェイ開通と共に開業した。山中温泉ロープウェイは全長620メートル、定員二十名で、山中町により設置された。

園内には、ミニ列車、観覧車のミニ遊園地、展望台があり、展望台は六角形が三層重なったような構造で、昭和のロボットアニメに登場しそうなユニークなデザインとなっている。山上にはゲレンデ長約200メートルほどの小規模なスキー場もあった。

レジャーの多様化などにより客足が遠のき、山中温泉ロープウェイは1966(昭和41)年12月に名鉄系列の「株式会社山中温泉ロープウエー」へ経営移譲、1981(昭和56)年4月に営業停止した。山中水無山展望台などのレジャー施設も、この時期に閉鎖された。

昭和レトロなコンクリート製展望台のみが現在も山中に残る。

状態
2019年05月31日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

山中水無山展望台 住所

石川県加賀市山中温泉上野町

山中水無山展望台 種類

遊園地・テーマパーク

山中水無山展望台 ストリートビュー・空中写真

山中水無山展望台 関連ブログ・参考リンク

水無山展望台
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/taken/mizunashi/mizunashi.htm
水無山展望台 東海秘密倶楽部の酒井さんと二人で北陸の廃墟を訪ね歩いたこの日、 最後の6軒目にして、唯一事前情報があった山頂の展望台を訪れた。 山中温泉から ほど近い「水無山」の山頂に、かつて遊園地があり、その名残として今も展望台が廃墟 化し
MRO北陸放送 山中ラジオ送信所
http://www.iwatas.net/kouiki/housou/mro-yamanaka/mro-yamanaka.html
2003年4月19日 MRO山中, MRO 北陸放送 ■山中ラジオ送信所 1485KHz/100w 石川県江沼郡山 中町こうろぎ町口2-29 (水無山) ロープウエイ等のあまり詳しい資料が見つからず 当時の山頂付近の状況が想像できず、廃墟の様な展望台などが興味を
水無山
http://www.geocities.jp/suzumenokai1114/9satoyama.html
[加賀] 水無山 348.5m (加賀市山中温泉町)9 こおろぎ町点 尾根に出て緩やかな 尾根を行くと開けた斜面に出て、後方に展望が開け、前方に昔スキー場だった頃の ロープウェーの建物が見える。歩き出して45分。 展望台を下り広い頂上を行くと、富士 写ヶ岳を望む場所が出来ていた。真下の菅谷町 ...
山中水無山展望台
http://discoverjunk.web.fc2.com/haikyotop/mizunashiyama/index.htm
山中水無山展望台跡山中温泉にある水無山は「水なきをもって水無山と名付く」と伝えられ。山中十二景にも挙げられています。山頂からの展望は日本海、白山を一望でき、かつて昭和30年代~40年代まではロープウェイが運行されていて、ちょっとしたミニ遊園地がありました。現在
山中温泉ロープウェイ - 失われたロープウェイ
http://www.8beat.com/ropeway/yamanaka.htm
山中温泉では平地の少ない立地条件から、古くから住民に親しまれていた水無山山頂からの眺望を活かすこととし、当時は また、山頂には小規模ながら観覧車・遊覧電車などの遊具を備えた遊園地(水無山山頂遊園地)や、展望台・レストランなどの施設が 
ちょっとの間に歩いてきました水無山(山中)   9/7 ( 登山 ) - 気ままに行こう山歩き - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/yama_aruki2000/55015007.html
ここからは林道を歩いて行きます、しばらくで展望台に到着しました展望台への路はありましたが今回は素通りしました昭和30年代~40年代まではロープウェイが運行されていて、ちょっとしたミニ遊園地もあったそうですが現在は面影無しです

ピックアップ廃墟