ロッキーポイント・アミューズメントパーク

ロッキーポイント・アミューズメントパーク(Rocky Point Amusement Park)は、アメリカ合衆国ロードアイランド州ウォリックのナラガンセット湾にあった遊園地。1840年代後半にオープンし、1950年代から1990年代半ばまで、ロードアイランド州で最も人気のある遊園地だった。

1990年代初頭から経営状態が悪化し、1995年に閉鎖に追い込まれた。その後廃墟化し、2003年に遊園地の土地は売却された。

2004年9月2日、「ビッグハウス」と呼ばれるメインの建物から火災が発生した。放火によるものらしい。2006年10月16日にも、管理棟から放火が原因と見られる火災が発生した。

2007年5月7日に、パークの取り壊しが発表された。これ以前にもいくつかの施設が解体されていた。

2007年9月7日、パークをテーマにしたドキュメンタリー作品You Must Be This Tall: The Story of Rocky Point Parkが発表された。

2008年2月、ウォリック市はパークの約半分の土地を購入するための資金を用意した。

2011年6月25日、遊歩道などを整備されたロッキーポイントが再度オープンしたが、元々の遊園地部分は依然フェンスで封鎖されている。

航空写真からでも確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ロッキーポイント・アミューズメントパーク 国

アメリカ合衆国ロードアイランド州

ロッキーポイント・アミューズメントパーク 種類

遊園地・テーマパーク

ロッキーポイント・アミューズメントパーク 画像

ピックアップ廃墟