レンヌ・サン・ジャック空港のシュド・カラベル SE 210 Caravelle

フランスのブルターニュ地方にあるレンヌ・サン・ジャック空港(Rennes Saint Jacques Airport)に放置されているシュド・カラベル(SE 210 Caravelle)機。

シュド・カラベル はフランスのシュド・エストが開発製造した、西側初の短中距離路線向けジェット旅客機である。機体名称は帆船の一形式であるキャラベル船に由来している。1957年のシュド・アビアシオン設立により大半の機体はシュド・アビアシオンにより製造された。

斬新なリアエンジン形式と十字尾翼を先駆けて実用化し、多くの追従者を生んだだけでなく、ジェット旅客機として初めて商業的成功を収めた。1958年の就航後は世界各国で使いられ、中には21世紀まで運用された機体もあった。

ストリートビューからも放置された機体を確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

レンヌ・サン・ジャック空港のシュド・カラベル SE 210 Caravelle 国

フランス

レンヌ・サン・ジャック空港のシュド・カラベル SE 210 Caravelle 種類

廃車・廃船・廃飛行機

レンヌ・サン・ジャック空港のシュド・カラベル SE 210 Caravelle ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟