聖ミカエル大聖堂(青島)

聖ミカエル大聖堂(圣彌格爾主教座堂 , St. Michael's Cathedral)は、中華人民共和国山東省青島市にあるカトリック青島教区の司教座聖堂である。浙江路天主教堂とも呼ばれる。

青島市旧市街浙江路の急な坂にあり、ドイツの占領期に建築が始まった。1934年、ドイツ人ゲオルグ・ワイグ(Georg Weig)が青島教区の初の司教である期間(1925年 - 1941年)に、新しく今日の大聖堂を建設した。

文化大革命の時期に破壊に遭ったが、1981年に修復され、宗教活動の無い時間は観光客に開放されている。

現在は廃墟ではない

改装・転用・リニューアルされています

聖ミカエル大聖堂(青島) 国

中華人民共和国山東省青島市

聖ミカエル大聖堂(青島) 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

聖ミカエル大聖堂(青島) 画像

聖ミカエル大聖堂(青島) ストリートビュー・空中写真