ロックロング魚雷試験場(Loch Long Torpedo Range) 概要・歴史

ロックロング魚雷試験場Loch Long Torpedo Range)は、スコットランドのアーガイル・アンド・ビュート、アードガーテン(Ardgartan)にあった魚雷試験施設。1912年から1986年まで運用されていた。

その後桟橋や造船台が廃墟化し残っていたが、2007年に火災で焼失した。

解体され現存していません

ロックロング魚雷試験場(Loch Long Torpedo Range) 国

イギリス

ロックロング魚雷試験場(Loch Long Torpedo Range) 種類

軍事施設・戦争遺構

ロックロング魚雷試験場(Loch Long Torpedo Range) 画像・写真

ロックロング魚雷試験場(Loch Long Torpedo Range)
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

ピックアップ廃墟