松原団地B地区商店街

草加松原団地(そうかまつばらだんち)は、埼玉県草加市にある旧・日本住宅公団造成のUR賃貸住宅。1962年(昭和37年)に入居が開始され、完成当時、東洋最大規模と言われたマンモス団地である。

現在建て替えが進められており、老朽化した地区では廃屋なども見られる。

B地区商店街は半数以上の店が閉店している。ストリートビューからも確認できる。

松原団地そのものは廃墟ではない

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

松原団地B地区商店街 住所

埼玉県草加市松原

松原団地B地区商店街 種類

パチンコ店・商店

松原団地B地区商店街 画像

松原団地B地区商店街 写真・ブログ・リポート

さいたま団地探訪・草加市「松原団地」 (3) - 東京DEEP案内
2012年3月23日 建設当時アジア最大と言われたマンモス団地「松原団地」界隈の街並みをお送りする。 この辺もあと数年したら綺麗な高層マンションだらけになるのだろうが、その頃には 恐らく見られなくなるだろうな。 商店の建物側面を見るとすっかり廃墟っぷりに貫禄が出 始めています。 . の...
さいたま団地探訪・草加市「松原団地」 (2) - 東京DEEP案内
2012年3月1日 最寄りの伊勢崎線松原団地駅を降りてしばらく歩くと、高度経済成長期に作られた巨大 団地が姿を現す。 駅前の再 各地区ごと、エリアのちょうど中央あたりに商店街が置 かれている。 商店街の名前もそのまんま「B商店街」だもんなあ。