柳ヶ瀬線(やながせせん)は、北陸本線の木ノ本駅と敦賀駅を結んでいた日本国有鉄道の鉄道路線である。 ...

柳ヶ瀬線(小刀根トンネル)

柳ヶ瀬線(小刀根トンネル) 概要・歴史

柳ヶ瀬線(やながせせん)は、北陸本線の木ノ本駅と敦賀駅を結んでいた日本国有鉄道の鉄道路線である。 ...

柳ヶ瀬線(小刀根トンネル) 画像

小刀根トンネル(2019年11月)
提供画像 転載禁止
「明治十四年」の扁額
提供画像 転載禁止
トンネル内部
提供画像 転載禁止
提供画像 転載禁止
提供画像 転載禁止
提供画像 転載禁止
提供画像 転載禁止
By TR15336300101 via https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kotone_Tunnel.jpg

近くのスポット

柳ヶ瀬線(小刀根トンネル) ストリートビュー・空中写真

柳ヶ瀬線(小刀根トンネル) 関連ブログ・参考リンク

http://haisentn.s78.xrea.com/yanagase/2.htm
県道脇に残っている小刀根隧道は、廃線跡を転用している県道の一直線上に口を開けており、 本線と勘違いしかねない危険な立地で 敦賀~長浜間のトンネルには明治十四年に貫通した曽々木・刀根・小刀根トンネル、 明治十六年に貫通した柳ヶ瀬トンネルがツ黴
http://www.kepco.co.jp/wakasa/tanpou/tanpou/90.html
柳ヶ瀬線 廃線跡 敦賀市 今も残る明治期の 麻生(あそう)口と刀根の間にある「小刀根トンネル」は、現存する日本最古の鉄道トンネルです。幅は車1台が通れる 福井-滋賀県境の柳ヶ瀬トンネルは、自動車専用トンネルに。ここはかつてツ黴
http://www.hi-ho.ne.jp/finding/michi/tonnel_hokuriku-01-.html
北陸線廃線跡〔2〕へつづく. 余呉町に残る中之郷駅跡. 谷あいを一直線に伸びる国道365号. 柳ヶ瀬隧道は信号機による交互通行. 小刀根トンネル。県道から外れている 小刀根隧道。県道から外れている. 小刀根隧道から刀根トンネルを望む. 刀根トンネル。
http://www.geocities.jp/railfan_fukui/yanagase.htm
時はすぎて、昭和32年深坂トンネルの開通に伴う新線の開通で柳ヶ瀬線と改名され、ローカル線となり気動車が運転されました。 昭和38年には新 現在、廃線跡は一般自動車も乗り入れ可能になっています。 小刀根トンネル. 刀根トンネルを敦賀側より進入して、柳ヶ瀬側へ抜けた先に古びたトンネルが見えます。 これが、小刀根トンネルです。
http://usa-nekosando.pupu.jp/miti_kotone.t.html
福井県と滋賀県の県境に造られた長大トンネル、深坂トンネルに北陸本線のルートが移動し、 小刀根トンネルのある区間は、柳ヶ瀬線として分離されました。 しかしその柳ヶ瀬線も、昭和39年には赤字のため廃線となりました。 この柳ヶ瀬線跡には小刀根トンネルツ黴
http://tkohara.la.coocan.jp/tsuruga2.htm
廃線トンネルを利用した道路において、信号機つきというのはそれほど珍しい存在でもないのですが、今庄~敦賀 間では唯一の しかし、柳ヶ瀬越えの廃線区間で一番有名なトンネルは、小刀根トンネルからさらに進んだ地点にある、柳ヶ瀬トンネルでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/tyaoyama/53739253.html
2013年5月7日 この小刀根トンネルだそうです。長さは56m。 トンネル入口はレンガ造、馬蹄型の構造で、当時の技術が改修されずに現存しています。 イメージ 10. イメージ 11. イメージ 3. イメージ 2. 旧国鉄柳ヶ瀬線廃線跡は車で手軽に探索できます。遺構もツ黴
http://blogs.yahoo.co.jp/rin7574/10733584.html
この道往けば. 福井県を中心とした。酷道、廃道、旧道、峠、隧道の探索ブログです。 お気に入りの人に登録/削除 延長約55.8mの小刀根隧道。 この日はライトを忘れていて(アホ)、50m程度ならと無灯火で突入したわけですが、やはり中央部はほとんど見えませんでした。 そういや過去には延長240mの金ヶ崎隧道を無灯火で突入したこともあったっけ・・・。 途中の廃車で心臓止まりかけたな・・・。 イメージ 9. 途中には1か所だけ、きれいにアーチが組まれた待避所が設けられています。 この幅を見る 
http://ktymtskz.my.coocan.jp/kawakami/sanin.htm
11 昭和15~24年の山陰・福知山線 このうちには、神崎-篠山-福知山-舞鶴及松江間の山陰鉄道を出願したものもあった。 . 川の流域に出たが、福知山の手前に塩津峠があり、塩津トンネル(延長599m)を設け1/70勾配で上下し、福知山南口に至った。
http://iso4z.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-f6ce.html
2013年6月22日 現在の北陸本線は、長浜の先、木ノ本駅から大きく西へとカーブし、湖西線と近江塩津駅で合流して県境を越え、福井県の敦賀駅へと向かっていますが、昔の 北陸自動車道が右側を並走しており、廃線跡は一部北陸自動車道にも取り込まれ、痕跡はほとんど残っていません。 . 廃線跡探訪ハイキング 福知山線(生瀬-武田尾).
http://blogs.yahoo.co.jp/s_limited_express/32075759.html
また、この付近には小刀根トンネルが残っていました! 小刀根トンネルを過ぎると刀根の集落へと入ります この区間の廃線跡は距離が長く、原則として対向車との離合が不可能な狭い幅しかない柳ヶ瀬トンネルは信号機によって交互通行となっていて、しかも徒歩や自転車での通行が禁止されている上にバス路線はとっくの昔に廃止されているので、全区間を探訪する際は自動車(マイクロバスを除く大型車は通行不可)かバイク、または原付に限定されます。 また、道路がそう広くはなく、車を止めて調査 
http://blogs.yahoo.co.jp/nihonisshyu2/11404785.html
支線となった柳ヶ瀬線は一閉塞区間となってキハ52が導入されたが、営業係数1145前後と非常に悪く「日本一の赤字線」とよばれた。 やがて本線 4枚目: 小刀根トンネルから県道を少し進むと、刀根のバス停と広場になっていた。 柳ケ瀬線 
http://blogs.yahoo.co.jp/mamamajiri/27784154.html
柳ヶ瀬線(やながせせん)は、かつて北陸本線の木ノ本駅と敦賀駅を結んでいた日本国有鉄道の鉄道路線です。 明治2年 柳ケ瀬線の営業成績は、営業係数1145前後と非常に悪く日本一の赤字線といわれ、昭和39年廃線。 線路跡は一部 
http://otassya21.shiga-saku.net/e98118.html
小刀根トンネル」は、柳ヶ瀬線で明治時代の建築当時の姿を留めている唯一のトンネルで、敦賀市の文化財にも指定されている。 柳ヶ瀬線には「柳ヶ瀬トンネル」「小刀根トンネル」「刀根トンネル」「麻生トンネル」があったが、「柳ヶ瀬トンネル」は車道化の為一部手を加えられており、「刀根トンネル」は道路の拡幅工事により原形を留めていない。「麻生トンネル」に至っては切り通し化されてしまって見る影もない。 その他の廃線跡もかなり自然に返ってしまっているが、色々と想像をかき立てられる路線だ。
http://seichiro0.blog.ocn.ne.jp/tetsu/2013/06/post_a9ef.html
少し進むと、道路トンネルに向け、道がカーブします。後を見ると、「敦賀市指定文化財 小刀根トンネル」との看板が立ちます。振り向くと、桁橋の向こうに石積みの古いトンネルが見えます(写真)。これも北陸本線旧線、後の柳ヶ瀬線のトンネル 
http://ameblo.jp/virtualterminal/entry-10864034441.html
ここから 杉津・山中越え 途中大桐、杉津、新保各駅跡に停車・見学) 敦賀鉄道資料館 12:00~12:20 日本海さかな街 12:30~13:15(チケット制で自由飲食) (ここから 旧柳ヶ瀬線 途中疋田駅跡、小刀根トンネル入口、柳ヶ瀬駅、中之郷 
http://nipponn-daisuki.seesaa.net/article/279619013.html
福井に帰る道には今は二通りあって、一つは国道8号線まで下りて行って敦賀に向かう方法、もう一つは以前の鉄道線路道を帰る道です。 明治時代に作らてた鉄道は所々で廃線になって車が通れる道になっています。 今回はその道を帰ることにしました。 椿坂を抜けて少し走ると左手に 敦賀~長浜間のトンネルには、曽々木トンネル、小刀根トンネル、柳ヶ瀬トンネルがあるが、消滅したり、改修されたりして昔の姿をとどめていない。 この小刀根トンネルは改修されずに残っており、建設当時の姿を今の 
http://mars2015.blog.jp/archives/1730578.html
その繋がりで、先月は北陸本線の旧線を訪ねて明治時代の隧道をたくさん通り抜けました。ここ山中峠は平安時代の街道でもありました。 その続きで、北陸線の跡と昔の街道筋を辿る自転車旅を考えました。琵琶湖側から若狭に向かう道筋は 
http://haisentn.s78.xrea.com/yanagase/1.htm
北陸本線・長浜~敦賀港間は東海道本線の支線という形で明治17(1884)年に全通している。 県境区間のルート選定については現在線である塩津越も含めたいくつかの案があり、 予算の都合から柳ヶ瀬越が採用されたようであるが、 それでも県境の柳ヶ瀬ツ黴
http://gennai2.blog75.fc2.com/blog-entry-919.html
まぁ、ついでに…みたいな感じで、 北陸線の旧線のうち、新線開通後に柳ヶ瀬線となった、 木ノ本~疋田の旧線が走っていた地を訪ねてみました。 ここは、とっても有名な、柳ヶ瀬トンネル… 現在でもそのまま、県道の道路トンネルとして残る…