北陸本線が1962年6月10日に北陸トンネルが開通するまでは通っていた山間ルート。 現在は自動車道となっ...

北陸本線旧線(敦賀・今庄間)

北陸本線旧線(敦賀・今庄間) 概要・歴史

北陸本線が1962年6月10日に北陸トンネルが開通するまでは通っていた山間ルート。 現在は自動車道となっ...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

北陸本線旧線(敦賀・今庄間) ストリートビュー・空中写真

北陸本線旧線(敦賀・今庄間) 関連ブログ・参考リンク

http://taizo214.blog43.fc2.com/blog-entry-506.html
北陸本線旧線(敦賀・今庄間 鉄道廃線跡)を走ります 通称『お化け トンネル』 黄色 → 北陸本線旧線 いよいよ暗くて長いトンネル 走破しなければ対向車が・・・・ 杉津~今庄間 鉄道廃線跡トンネルは全部で6つ 一番長いトンネルは 最後の山中
http://www.sakane.net/japan/hoku_kyu/hoku_kyu.htm
北陸本線の敦賀・今庄間の旧線(鉄道廃線跡)を走った小旅行記です。
http://homepage2.nifty.com/t-nakayama/haisen/turuga/turuga2.htm
旧北陸本線 敦賀~今庄(山中越) この区間も北陸本線の難所の一つであったが、 北陸トンネルの開通と同時に廃線となった。 国道476号線を敦賀より今庄方向へ進むと 、北陸本線の北陸トンネル南口付近に出られる。 この先、廃線跡を拡幅利用した国道を
http://tkohara.la.coocan.jp/tsuruga.htm
【有名な廃線跡をたどる】 北陸本線・敦賀付近と言えば、明治前半には既に開通してい た、鉄道の歴史そのものの地域です。そして、明治前半の鉄道 に決めた理由でした。 そこで、北陸本線旧線・敦賀付近を追うために、敦賀の北側、今庄へ行ってみましょう。
http://www.kysd.net/tsuruga.html
北陸本線には数多くの難所が存在した。 この廃線跡はどれもが特徴があって興味を そそられるが、ここでは敦賀付近の "山線" 区間を取り上げる。 クルマで北陸自動車 道を通ったことのある方はお気づきであろうが、なぜかどちらの旧線跡も現在の北陸線 よりもむしろ北陸道の 断崖絶壁である海沿いを避け、何本ものトンネルで山越えを することによって、今庄を経由して北へ向かっていた。 ガイド 柳ヶ瀬線 木之本~敦賀 間
http://www.hi-ho.ne.jp/finding/michi/tonnel_hokuriku-02-.html
I Love はしトン 北陸線廃線跡〔2〕. 〔「道あれば」 北陸トンネル開通から遡ること5年前 、1957年に北陸線「深坂トンネル」(5.2キロ)が開通して いる。こちらは . 距離が短い 上に出口まで見通せるため、葉原隧道のような交互通行の信号機はない。 3番目は、
http://abiesresearch.web.fc2.com/jrlines/haishitenkan/hokurikukyusen/hokurikukyusen.html
2010年4月23日 このページでは敦賀~今庄間に敷設されていた北陸本線の旧線跡について,探索した 写真を紹介します.当区間は便宜上,駅ごととせず,区間 引用・参考文献.宮脇俊三 編著「鉄道廃線跡を歩く 失われた鉄道実地踏査60」,JTB,1995.
http://www.sakane.net/japan/hoku_kyu/hoku_k42.htm
北陸本線の敦賀・今庄間の旧線(鉄道廃線跡)を走った小旅行記です。
http://www.yuugao.jp/tougeoyaji/kyuhokurikuhonsen_turuga_imajo.htm
北陸トンネルによって廃線になった敦賀-杉津-今庄間の旧北陸本線跡は通られた方 も多いと思います。4年前?にTVでドン・キホーテ隊が通ったのを見て私も行く気になり ました。しかし決行しようと思った96年11月、この区間の旧北陸本線跡はトンネルの
http://www.hotetu.net/haisen/HokurikuShinetu/100220hokurikuhonsenkyusen.html
2010年3月5日 北陸本線旧線:敦賀と今庄の間には海抜762mの鉢伏山がそびえ、その鞍部である 木ノ芽峠(海抜628m)は、古くから北陸道の隘路であった。北陸トンネル開通前の北陸 本線敦賀~今庄間(1896年開通)は、木ノ芽峠を避け、敦賀市の海岸部
http://homepage2.nifty.com/tsuruga/railway.html
太平洋と日本海の連結 太平洋と日本海を結ぶ目的から、古来、物資、人の交流が 多かった京都-敦賀間の測量が下命された。明治4年3月の . 旧杉津駅からの眺望, 敦賀~今庄間の旧北陸線は海抜8mの敦賀駅から山中トンネル海抜265mまで急勾配 の連続だった。単線での上下 スクエア保存 今庄側旧北陸線廃線跡道路 北陸本線 、小浜線、敦賀港線の交差点にある敦賀駅の重要性は戦前に劣らないものであった。 敦賀を
http://www.sakane.net/japan/hoku_kyu/hoku_k25.htm
北陸本線旧線(敦賀・今庄間 鉄道廃線跡)を走る. 北陸本線旧線(敦賀~今庄). 林道 栃の木~山中線 から眺めた敦賀湾 敦賀方向を撮影。 画面左下に北陸自動車道上り線 が見える。 この林道は山中峠から山の中を通り国道365号線へと出る。 もくじのページ
http://pcitorn-nitikaku.sakura.ne.jp/suizu1.html
1962(昭和37年)の北陸トンネル開通まで北陸本線は今庄~敦賀間で、12個所もの トンネルと4個所のスイッチバック、そして美しい日本海の眺めを有する山中峠越えの 駅のすぐ先から旧線転用の県道が始まっているが、しばらくは現在線と併走を続ける。
http://blogs.yahoo.co.jp/hidekunexpert/32898776.html
北陸本線の敦賀~今庄間にある杉津越え旧線跡を友人の運転する車で一度探訪しました。 同区間の距離約13キロに及ぶ北陸トンネルが開通するまで列車は補助機関車を後部に連結し、旧線をたどる山越えに挑んでいました。 もっとも自分が生まれる前のことであ 私が行った廃線跡は信越線の横川~軽井沢間でした。 現在は遊歩道になり、元はアプト式の旧線をめがね橋まで歩く事が出来ます。 めがね橋まで行くと信越線上下線の橋梁も見る事が出来ます。 鉄道文化村もありますし、鉄道ファン 
http://blogs.yahoo.co.jp/s_limited_express/32239057.html
また、廃線跡と北陸自動車道は並走していて何度も入り組むように交差していますが、北陸自動車道の敦賀~今庄間は上下線が左右逆になっている区間もありややこしいです。 国道は右へカーブして北陸自動車道の下り線と並走します。
http://blogs.yahoo.co.jp/mamamajiri/27843274.html
北陸本線は、まず滋賀県長浜駅から福井県敦賀港駅以南を、東海道線の支線として日本人技術者の手で建設され、1889年に開業しました。 その路線は後に柳ケ瀬線になり、1964年廃線。 現在は県道に転用されています。 ⇒ 柳ケ瀬走行 
http://beercup.blog85.fc2.com/blog-entry-427.html
北陸本線 敦賀-今庄間の廃線跡をゆく ご存知の方が殆どかとは思いますが、北陸トンネルが開通する以前、北陸本線の敦賀-今庄間は激しい峠越えの難所として有名な区間でした。 皆さんも一度この北陸本線旧線巡り、どうですか?
http://narabota.blog56.fc2.com/blog-entry-663.html
うわ~真っ暗!(旧北陸本線廃線跡). 今日は朝4時起きで、旧北陸本線廃線跡(今庄~敦賀)を走ってきた。 途中、暑くなったり寒くなったり・・・晴れたと思ったら突然雨?が降ってきたり。 僅か約30kmの道のりを、のんびり4時間掛けて走ってきた。 (↓高感度撮影↓) 079_convert_20111029205307.jpg. 現在、北陸本線・敦賀~今庄間は、1962年10月に完成した長さ約13.8km(完成当時日本最長)の 北陸トンネルを共用しているが、1896年に敦賀駅 - 福井駅間が開業した後、北陸トンネルが開通する 
http://blogs.yahoo.co.jp/satoko933434/11493287.html
田舎道の旧北国街道。 イメージ 11. 1964年まで使われていた木之本から敦賀間の北陸本線柳ヶ瀬線の柳ヶ瀬トンネル。 以降は近江塩津経由に線路が付け替えられて廃線となった。 自動車は交互通行。自転車は・・・通行禁止なんですね。
http://www.geocities.jp/kohjiyam/outside_hyogo/kinomoto_tsuruga.html
北陸線木之本駅から昔の街道の雰囲気が残る北国街道、栃の木峠からは見晴らしの良い全線舗装の林道、そして北陸線廃線跡を使い敦賀まで 一旦、国道365号線と合流するが、下余呉の辺りで再び旧道が現れるので、そこに入る。 柳ケ瀬を過ぎると旧北陸線の柳ケ瀬トンネルを抜け敦賀に向かう道との分岐がある。 先ずは山中隧道。