長根山シャンツェ 概要・歴史

長根山シャンツェは秋田県大館市にあったスキージャンプ施設。

元々70メートル級シャンツェがあり、昭和30年代には全日本大会や国際大会で活用されていた。

1981(昭和56)年、放置されていたシャンツェを40メートル級に改造・改修する工事が行われた。ゲレンデの総面積は2、295平方メートル、アプローチの長さ56メートル、斜度35度、ランデングバーン長さ40メートル、斜度36度、高低差64メートル、P点40メートル、K点50メートルとなった。

改修後しばらくは活用されていたが、1995(平成7)年頃には練習でも使われなくなり、2000(平成12)年には補修予算がつかずに管理放棄となったらしい。

2012(平成24)年時点で全体が半ば草木に埋もれている。

2019(令和元)年8月時点で、ジャンプ台自体は完全に緑に覆われ、それと知らなければジャンプ台があったこともわからない状態となっている。

関連と見られる小屋などが周辺で確認できる。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月17日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

長根山シャンツェ 住所

秋田県大館市一本杉39

長根山シャンツェ 種類

スポーツ施設

長根山シャンツェ 画像・写真

長根山シャンツェ(2019年8月)。完全に緑に埋もれている
長根山シャンツェ(2019年8月)。完全に緑に埋もれている
木々の向こうにかろうじて建築物の存在がうかがえる
木々の向こうにかろうじて建築物の存在がうかがえる
関連施設だったらしい小屋
関連施設だったらしい小屋
長根山シャンツェ

長根山シャンツェ ストリートビュー・空中写真

長根山シャンツェ 関連ブログ・参考リンク

戒め  - Von Schanze(ジャンプ台から) - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/tokyodream_j/14166459.html
秋田県・大館、長根山ジャンプ台です。平成7年頃練習でも使われなくなり、そのまま放置されています。運動公園の案内板にはジャンプ台が記載されています。ジャンプ台の化石を展示してどうする!?

ピックアップ廃墟