グラン・ムーラン製粉工場(Les grands moulins de Paris)

フランスの巨大製粉工場

グラン・ムーラン製粉工場(グラン・ムーラン・ド・パリ、Les grands moulins de Paris)はフランスのノール県リール(Lille)Marquette-Lez-Lilleにある巨大な廃工場。

1921年に建てられ、25,000平米の敷地面積を誇り、200名以上の労働者が働いていた。

1980年代初頭、米国の関税政策の見直しにより打撃を受け、1989年に操業を停止した。

1995年にSCI Diane de la Provenchèreが購入、高値で売却しようとしたが失敗。2001年には火災に見舞われた。2012年に市長のJean Delebarreがレストランやホテル、図書館に改造する案を発表したが、その後進展は見られない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

グラン・ムーラン製粉工場(Les grands moulins de Paris) 国

フランスノール県リール

グラン・ムーラン製粉工場(Les grands moulins de Paris) 種類

廃工場・発電所

グラン・ムーラン製粉工場(Les grands moulins de Paris) 画像

グラン・ムーラン製粉工場(Les grands moulins de Paris)

グラン・ムーラン製粉工場(Les grands moulins de Paris) ストリートビュー・空中写真

グラン・ムーラン製粉工場(Les grands moulins de Paris) 写真・ブログ・リポート

グラン・ムーラン製粉工場:TheAbandonedFlourMill
http://www.tomboy-urbex.com/grands-moulins-de-paris/
グラン・ムーラン製粉工場は1920年に建てられ、かつてヨーロッパの小麦粉を生産を支える主要工場の一つでした。新しい工場の完成により1983年に閉鎖され、民間の所有者に渡りました。場所を再利用する計画があったようですが、今も廃墟のままです。