三谷温泉ロープウェイ 概要・歴史

三谷温泉ロープウェイは愛知県蒲郡市にあったロープウェイ。

1957(昭和33)年に蒲郡弘法山観光ロープウェイ(のちに三谷温泉ロープウェイに改称)により開業。弘法山(金剛寺)から国道23号線上を横切り、乃木山(三谷温泉南側)までを結んでいいた。

1975(昭和50)年廃止。

弘法山発着所跡には観光スポットとして「ラバーズヒル」が整備されており、青銅製の鐘「愛の鐘」が設置されている。階段や基礎などは駅舎時代のものが再利用されており、「愛の鐘」の下には発着所の基礎が残っている。巨大な弘法大師像の下にロープウェー弘法山駅の遺構が見られる。

乃木山発着所跡は、1980年(昭和55年)に発着所とプラネタリウム跡を再利用した「延命山大聖寺大秘殿」が建立された。敷地内に基礎やガイド跡が散見され、プラネタリウム跡はメインの秘仏が納められる部屋となっていたが、2014年9月に閉館している。

状態
2018年11月26日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

三谷温泉ロープウェイ 住所

愛知県蒲郡市三谷町南山

三谷温泉ロープウェイ 種類

廃線・鉄道駅

三谷温泉ロープウェイ 画像・写真

三谷温泉ロープウェイ
三谷温泉ロープウェイ
三谷温泉ロープウェイ
三谷温泉ロープウェイ
三谷温泉ロープウェイ
三谷温泉ロープウェイ
三谷温泉ロープウェイ

三谷温泉ロープウェイ ストリートビュー・空中写真

三谷温泉ロープウェイ スポット

三谷温泉ロープウェイ ブログ・リポート

蒲郡の廃ロープウェイ跡まるかど日記
http://marukado.blog75.fc2.com/blog-entry-346.html
マイナー観光リフトで、以前取材したネタを思い出した。蒲郡にむかしロープウェーがあり、その跡を探索したことがあります。その名は「三谷温泉ロープウェー」。ラグーナ蒲郡の西に三谷温泉という一昔前風の温泉街があり(泊まったことはないが、岐阜方面の一部の人には夜遊びポイ
愛知県三谷温泉ロープウェーその1-underZero-
http://underzero.net/html/tz/tz_568_1.htm
-三谷温泉の開発開始-三谷温泉は県内でも有数の古湯であったが温泉街としての歴史は意外に浅く、本格的に開発が始まったのは昭和30年台に入ってからであった。蒲郡市は景観に優れ、竹島など市内の有名観光地にも近い三谷温泉に旅館や飲食店を誘致するため、乃木山・弘法山の市
三谷温泉ロープウェイ - 失われたロープウェイ
http://www.8beat.com/ropeway/miya.htm
蒲郡三谷温泉ロープウェイは、1958年(昭和33年)に開業した市営の観光索道で、三河湾に面した乃木山と呼ばれる標高50m級の小山の頂上と、国道を挟んで向かい側の弘法山(標高92m)の頂上までの約390mを、21人乗りの小型搬器が往復していました。
【第37話】愛知県蒲郡市|路地裏見聞録
http://832holiday.web.fc2.com/37.html
こちらはラバーズヒル。子安弘法大師像と同じ場所にあるラブラブ青春スポット。安産祈願をして蒲郡の素晴らしい景色を見れば愛も深まるだろう。普通の人はそれだけ知っていればいい。廃墟マニアが「廃墟になったロープウェーの駅を再利用した廃墟都市蒲郡の涙ぐましい努力」と説明
愛知県蒲郡市の悲しき廃墟物語…。『ラバーズヒル(恋人たち
http://www.itamiwake.com/2013/05/blog-post_27.html
珍スポット(B級スポット)の観光記録がメインの旅行系ブログだけど、時には斎藤が思ったことを書き綴る心の裁判所 愛知県蒲郡市の悲しき廃墟物語…。『ラバーズヒル(恋人たちの丘)』 2013年5月27日 2016年12月21日 愛知県

ピックアップ廃墟