ドライブイン一の丸

お城の形の廃ドライブイン

ドライブイン一の丸は岡山県久米郡久米南町の国道53号線岡山街道沿いにあったドライブイン。

城の形をした独特の建築だった。

1970年代に開業、1990年頃には閉店していたという。

かなり荒廃し、グラフィティなども見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ドライブイン一の丸 住所

岡山県久米郡久米南町下二ケ

ドライブイン一の丸 種類

飲食店・ドライブイン

ドライブイン一の丸 画像

ドライブイン一の丸
©Google

ドライブイン一の丸
©Google

ドライブイン一の丸
©Google

ドライブイン一の丸
©Google

ドライブイン一の丸 写真・ブログ・リポート

ドライブイン一の丸-街あるきで見つけたもの・・・いろいろ-Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sahashi153_2/11400168.html
ドライブイン今や死語に近い言葉なのかもしれません。最近だと「道の駅」なのかも。確かに道の駅になって、便利ではあるのは確かです。中国地方を走っていると、廃墟となったドライブインを見る事がしばしばあります。これもその一つです。ドライブイン一の丸スパンコールな看板が
岡山編
http://www.interq.or.jp/leo/d-one/k-okayama.html
ドライブイン一の丸*. 岡山から国道53号を北上して、久米南町に入ると直ぐに城郭風の廃墟が有ります。 看板から「ドライブイン一の丸」というお店だった事が判りますが、それ以外は一切不明です。 2003年8月撮影. なお、この物件は「おかやまのなんだか変な 
ドライブイン一の丸|45山さんの終末観光
http://ameblo.jp/origami-turu/entry-11861605923.html
そういえば…もう30年位経つのじゃないかい?蜂の巣ががががが…良く見えましたが…本当に落城しそうになってきましたなぁ…まとめトイレはまだ…
二の足線終点から不動尻キャンプ場跡へ - 林道タマチャリン
http://kaettazo.blog72.fc2.com/blog-entry-164.html
暫く進むと不動尻キャンプ場跡地が見えてきた。キャンプ場の奥に登山道が続いている、、。この道は、、、せんてんすさんが登った道だ!!よくもまぁ、、こんな道を一人で、、んん~~私には、、無理だ!!広々としたキャンプ場跡地は中々気分がいい場所だ。でも何で、、跡地???
山神トンネル★神奈川県の心霊スポット - スポンサー広告お出掛け日記
http://angelix.blog73.fc2.com/blog-entry-339.html
山神トンネルから約30分ほど歩き、廃キャンプ場に辿り着きました。(不動尻キャンプ場)バンガロー等は撤去され更地になり、広場になっています。ここで行き止まりだと思っていたのですが、看板を見ると、大山山頂まで続く登山道があるようです。工事の作業員さんもいるし、大山
キャンプ場
http://swa.edu.city.atsugi.kanagawa.jp/901/sougou/dr_atsugi/atugi/kurasi/d_shou/d_kou/d_gou/d_10_2_3.htm
県立不動尻キャンプ場▼(平成14年7月に閉鎖)●所在地七沢3067TEL施設概要テント200名収容キャビン100名収容東丹沢の深い森の中、渓流が涼しげな音をかなでるキャンプ場でした。
不動尻コース
http://kattyan.dyndns.org/mitumine/hudoujiri.htm
橋を渡り舗装の道を進むと、不動尻キャンプ場跡に到着。ここはキャンプ場の中心地で大きな建物があった場所だそうですが、現在は建物の土台のコンクリートがそのまま残っているだけです。(真ん中の画像は、撤去される前の宿泊施設だそうです。数十回も登っていらっしゃる方から、
大山に登ろう Part2
http://pelleas.kir.jp/tanzawa/ohyama2/index.htm
20分ほど歩いて休業中(廃止?)の不動尻キャンプ場に到着。トイレもあったが、鍵がかかっていて入れない。ここから登山道らしい道を登ってゆく。前回の登山から2週間しかたっていないが、このところの冷え込みで、だいぶ紅葉が進んでいるように思った。