花高原はーぶ屋は静岡県御殿場市にあったドライブイン。県道401号線御殿場箱根線沿い、長尾隧道出口に....

花高原はーぶ屋(富士見茶屋)

花高原はーぶ屋(富士見茶屋) 概要・歴史

花高原はーぶ屋は静岡県御殿場市にあったドライブイン。県道401号線御殿場箱根線沿い、長尾隧道出口に....

花高原はーぶ屋(富士見茶屋) 画像

富士見茶屋。2019年3月
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
「景勝日本一・長尾峠」「RESTAURANT & SHOP」の文字
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
外壁には朽ちた様相があるものの、看板もテントも健在である
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
掻揚げ・山菜・たぬき・うどん・そば・カレーライス・甘酒・お汁こ・珈琲
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
名物味自慢豚汁うどん
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
富士見展望台
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止
この先当分(30分~40分)食事処無し!
© 2019 廃墟検索地図 転載禁止

近くのスポット

花高原はーぶ屋(富士見茶屋) ストリートビュー・空中写真

花高原はーぶ屋(富士見茶屋) 関連ブログ・参考リンク

http://deserted.shoggoth.org/kanagawa/hanakougen/index.html
花高原はーぶ屋
http://www.geocities.jp/wellon2/tohge/tohge_6n/nagao/nagao.htm
隧道出口の正面に、店仕舞いして久しいと思われる食堂兼土産物屋(「花高原ハーブ屋」とかいう)が、富士を眺めて建っている。通り掛かりにその店先に車を停める者もいるが、大して富士に見入ることもなく、また車を走らせて行った。
http://precious.road.jp/kanagawa/kokudou138.htm
★★★PreciousRoadドライブ旅行記>都道府県別>神奈川>箱根裏街道国道138号は富士吉田から小田原までの国道だが、実質的には、国道1号と重なる箱根・宮の下までになる。ここでは、国道246号と交差する御殿場から箱根までの区間。御殿場市街では、南側の県道
https://minkara.carview.co.jp/userid/1798979/blog/38757182/
富士見茶屋長尾峠の目印ですねゴルフ場の看板茶屋の隣くらいにありました下りAE86(藤原拓海)vsMR-S(小柏カイ)スタート地点いろは坂戦以来、小柏はプロドライバーとして再登場しました1コーナーそのままで感動少し紅葉も見ることができました(^^)おそらくここか
https://minkara.carview.co.jp/summary/1665/22467/
富士見茶屋長尾峠の目印ですねゴルフ場の看板茶屋の隣くらいにありました下りAE86(藤原拓海)vsMR-S(小柏カイ)スタート地点いろは坂戦以来、小柏はプロドライバーとして再登場しました1コーナーそのままで感動少し紅葉も見ることができました(^^)おそらくここか
http://saetta0404.hatenablog.com/entry/2016/04/18/222927
ようやく富士見茶屋が見えてきましたが・・・休業でした。途中のお汁粉屋さんがクローズしていたので、半分予想していたもののガックリです。肝心の富士山も麓が見えるだけ、残りは雲の中です。本当に今年は縁がありません。長尾隧道を抜けると箱根町、標識の右横に長尾峠(標高9
https://ameblo.jp/melonpanda777/entry-12025013132.html
>富士見茶屋て営業しているの見たことがないぞ~?年々交通量が減ってるから週末しか営業してないのかな!?↓しるこ屋さんは閉店して、京都に帰られたみたいです!
http://dateshigesane.jugem.jp/?eid=184
富士見茶屋があるこれが先ほど古道上でみた石垣の正体である最もこの茶屋最近営業しているのを見ていないここ茶屋の至るところに「休憩禁止」「Uターン禁止」「トイレのみの利用禁止」と『金払わない奴は帰れ』と言わんばかりの態度(実際にそれき近いことは書いてある)の貼り紙
https://55drive.info/3min-nagao.html
長尾峠のグルメで外せないのが、頭文字Dの集合場所にもなっている、富士見茶屋。ちょっと見にくいんですけど、この画面の左側にある建物です。実は食べたことはないんですけど、笑っちゃうぐらい商魂たくましいんですよ。まず、道から見えるところには、この先、当分食事処なし(