大友ビル 概要・歴史

問屋町の廃ビル

大友ビルは群馬県前橋市の県道10号線産業道路・問屋町交差点にあるビル。

1970年代後半の建築。

6階建てほどの雑居ビルで、2階までは店舗や事業所、3階以上は住居であったらしい。

2000年代中頃から不使用状態になったと言われているが詳細不明。2012年時点で1階店舗跡の看板等が損壊しており、閉業後相当年数が経過していたと見られる。

2019年9月時点で「パチスロスリーセブン」「スナック55」「ロイヤルスタッフイン前橋」「JCP総合調査事務所」「横綱うどん」などの看板が残っている。壁面には経年劣化による色剥げ等が目立つ。

一階店舗跡などは開け放たれた状態となっているが、物品等は撤去され、何らかの作業が行われている形跡が見られる。

心霊スポットなどと言われ、「誰もいないはずのこのビルの窓に人影が見える」等の噂があるが、都市伝説の域を出ないものと見られる。

状態
2011年09月15日作成  2019年09月17日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大友ビル 住所

群馬県前橋市大友町2丁目

大友ビル 種類

その他・廃墟一般

大友ビル 画像・写真

大友ビル
大友ビル
東側部分。1階は飲食店、2階は「ロイヤルスタッフイン前橋」だったらしい
東側部分。1階は飲食店、2階は「ロイヤルスタッフイン前橋」だったらしい
北側側面。「パチンコ」の大きな看板が残る
北側側面。「パチンコ」の大きな看板が残る
1階飲食店跡
1階飲食店跡
雑草の向こうでドアが開け放たれている
雑草の向こうでドアが開け放たれている
荒れたカウンターがそのままになっている
荒れたカウンターがそのままになっている
大友ビル
事業所跡だろうか
事業所跡だろうか
「テナント及入居者募集」の看板が残るが、「1F~3F」となっている。4階以上は別の扱いだったのだろうか
「テナント及入居者募集」の看板が残るが、「1F~3F」となっている。4階以上は別の扱いだったのだろうか
事業所跡らしいスペースに物品が散乱している様子が外からも窺える
事業所跡らしいスペースに物品が散乱している様子が外からも窺える

大友ビル ストリートビュー・空中写真

大友ビル 関連ブログ・参考リンク

支店タカハシ
http://ochimon.blog.shinobi.jp/廃ビル/危ない場所にある廃ビルの巻。
ここは地元の人が見ればあそこか!!ってわかる物件だと思います。その位目立つ場所にあります。まずは正面の外観から。6階建てですね、結構な大型物件だ。この時もかなりジロジロ見られてました(汗パチンコはどこに??この中にあった訳ないよな?謎です。裏に周ります。ここに

ピックアップ廃墟