大阪砲兵工廠 概要・歴史

大阪砲兵工廠は、大阪府大阪市にあった大日本帝国陸軍の兵器工廠(造兵廠)。

太平洋戦争の敗戦まで、大口径の火砲を主体とする兵器の製造を担ったアジア最大規模の軍事工場であった。また、戦前中の日本では重工業分野においてトップクラスの技術や設備を持っていたため、官公庁や民間の要望に応えて兵器以外のさまざまな金属製品も製造していた。大阪陸軍造兵廠とも呼ばれる。

大阪砲兵工廠化学分析場中部軍管区司令部庁舎大阪砲兵工廠水門跡などの遺構が見られる。

管理されている。

状態
2019年05月17日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大阪砲兵工廠 住所

大阪府大阪市中央区大阪城

大阪砲兵工廠 種類

軍事施設・戦争遺構

大阪砲兵工廠 画像・写真

大阪砲兵工廠

大阪砲兵工廠 ストリートビュー・空中写真

大阪砲兵工廠 スポット

大阪砲兵工廠 関連ブログ・参考リンク

大阪砲兵工廠 - 三本松 メガネのカワイ 店長ブログ
http://kawaimegane.blog40.fc2.com/blog-entry-1745.html
こちらの美しい建物は、1919年(大正8年)に出来た大日本帝国陸軍の兵器工廠(軍事工場)の一部です。一時期、自衛隊が使用していたそうですが、自衛隊が撤退した1998年以降は放置されています。隣の日本経済新聞社ビルも歴史を感じる建物でした。もう一度訪れることが出
大阪砲兵工廠って? - 十三のいま昔を歩こう
http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-218.html
大阪砲兵工廠って?大阪城公園内にレンガ造りの古い建物があります。ここは旧大阪砲兵工廠(おおさかほうへいこうしょう)の化学分析場跡なのだそうです。「大阪砲兵工廠って何?」恥ずかしながらそれが何なのかを最近まで知りませんでした。大阪砲兵工廠とはいったいどういう施設
大阪砲兵工廠と陸軍第四師団司令部庁舎 : -廃虚日常記録帳-
http://blog.livedoor.jp/kuubohosiina/archives/38701118.html
会社の研修旅行で大阪へ行ってきました。(2014.4)大阪城で自由時間を貰ったので旧陸軍関連を目当てに散策ですまずは大阪城の北、大阪砲兵工廠化学分析所跡に向かいます。途中で陸の境界石を見つけた。その隣は追手門学院となっているが調べてみると、戦前は偕行社附属小学
大阪城・マイナー史跡~旧大阪砲兵工廠化学分析場: 今日は何の日
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2008/06/post_babb.html
昭和六年(1931年)に大阪市民の寄付によって天守閣が再建され、一部が市民に開放された後も、近くに移転した軍事施設とともに、現在のビジネスパークにあたりには、東洋一と言われる砲兵工廠(こうしょう・軍需工場)がありました。 6万人 
思いつくまま 第446回・旧大阪砲兵工廠
http://kenchiku228.blog85.fc2.com/blog-entry-447.html
前回と同様、今回取り上げる旧大阪砲兵工廠の遺構も先行きが危ぶまれる存在である。大阪砲兵工廠は大阪城跡の一角にあり、写真の建物は現存する遺構の中では最も規模が大きい旧化学分析所で、現在荒廃が進んでいる。
スタレモノ : 旧大阪市立博物館
http://blog.livedoor.jp/asahikozato/archives/27893218.html
北海道に行く前の取材ですが大阪城に砲兵工廠目的で行ったときに見つけた物件。実際には廃墟では無く筆者とにんべん氏が取材に行った際も中では何か行われていたようです。大阪を代表する観光地、大阪城。この天守閣のすぐ側にある古い建物が今回紹介する旧大阪市立博物館です。1

ピックアップ廃墟