群馬県 廃道 廃墟一覧

清水峠(国道291号)
清水峠(しみずとうげ)は、群馬県みなかみ町と新潟県南魚沼市との境にある峠。中央分水嶺を構成する谷川連峰上に位置する。 国道291号線は今なお登山道程度の点線国道...
高崎市乗附町のぞみの園奥の廃道
群馬県高崎市乗附町のぞみの園奥の廃道。 2008年時点で樹木に埋もれつつあった。 2012年時点で旧道分岐にはバリケードが設置され、かなり自然に還りつつある。 空中...
草木ダム湖水没遺構
群馬県みどり市の草木ダム湖には、国道122号線の旧道と国鉄足尾線の旧線が沈んでおり、渇水時などには一部を確認することができる。地図は内手橋跡。
切ヶ久保新道
切ヶ久保新道は群馬県みなかみ町にあった道。 明治7年に切ヶ久保峠に隧道が掘られたが、その痕跡はほぼなく、前後のルートも踏破困難となっている。
高崎市乗附町の県道49号旧道
群馬県高崎市乗附町の県道49号旧道。 バリケードで封鎖されている。

ピックアップ廃墟