清水峠(しみずとうげ)は、群馬県みなかみ町と新潟県南魚沼市との境にある峠。中央分水嶺を構成する谷...

清水峠(国道291号)

清水峠(国道291号) 概要・歴史

清水峠(しみずとうげ)は、群馬県みなかみ町と新潟県南魚沼市との境にある峠。中央分水嶺を構成する谷...

清水峠(国道291号) 画像

By 手練 via https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Shimizu_pass.JPG

近くのスポット

清水峠(国道291号) ストリートビュー・空中写真

清水峠(国道291号) 関連ブログ・参考リンク

http://yamaiga.com/road/shimizu/main7.html
廃道区間のちょうど中間である。 廃道界の未踏峰、その五合目にようやく到達。 6kmに 要した時間はなんとなんとの、7時間。 過去経験した全ての廃道の中でも、最悪に近い ペース。 身軽であればもう少し違った結果になったかも知れないが、ともかく折り返し
http://yamaiga.com/road/shimizu/main.html
2008年1月19日 多くの廃道ファンや国道ファンが、畏敬を込めて、こう呼ぶ。 清水国道 と。 清水国道の 歴史は古く、明治の初期にまで この道は国道291号に指定されているが、峠の前後 あわせて約28kmが「自動車交通不能区間」となっており、俗に言う“酷
http://shinzui.road.jp/291/route291.html
国道」と言えば自動車交通が念頭に置かれたもの――たとえそれが、乗用車がすれ 違えないほどの狭さであっても、「国道」といえばそういう 今回紹介する国道291号 清水峠越えもそのひとつ、「点線国道」(地形図に点線で記載されているため)だとか、「 登山道国道」などと呼ばれる区間だ。 . が分岐する地点から先、新潟側車が入れる 最終地点までの区間は、国道として制定されているだけで、実態としては完全に廃道と なっている。
http://www.yamasai.com/20030823.html
白樺小屋 --- 蓬峠への分岐 --- 鉄砲平 --- 清水峠(ここで野営)--- 清水峠から井坪坂 コースへ -- ナル水沢 -- ヒノキクラ沢(広い河原 壮観!) -- 十五里尾根コースと合流 -- ようやく林道へ出る -- 国道291号へ復帰 -- JR塩沢駅(駅前にはビールなし) -- この間 輪行
http://blogs.yahoo.co.jp/konnitiwayama/61369271.html
芝倉沢出合いからは、国道291号清水峠越えの廃道を歩いていきます。 幽ノ沢、一ノ倉沢、マチガ沢を通り過ぎ、ロープーウエイ駅前にある、 水上行きのバス停まで歩いていきました。 この国道291号清水峠越えの道は
http://yamaiga.com/road/shimizu/main1.html
2008年1月21日 清水峠の北の口である清水集落は、六日町の市街地から登川伝いに約
http://www.geocities.jp/orimasa2001/kokkyou2.htm
明治18年には、この峠を越える道路(清水道)が 馬車交通が可能なように全面改修 建設され、 この清水道は昭和後期、かの越後の宗相・田中角栄氏が 国道129号線 として昇格させた。 三国峠(国道17号線)と清水峠(国道291号線)・・、 お声がかり にて、新潟県内の県道とともに国道291号に昇格、指定されたものの、峠付近の修復・ 改良は全く行われないまま現在に至っている。 時代の流れに押し流されて廃道となり 、今となっては見る影も無残に谷川連峰の自然へと回帰しつつあり、まさに「幻の国道」と いえる。
http://yamaiga.com/road/shimizu2/main.html
2008年10月11日 このレポートは、「道路レポ 国道291号 清水峠(新潟側)」の続きです。 群馬県前橋市と 新潟県魚沼市を結ぶ一般国道291号のうち、群馬と新潟の県境にそびえる清水峠の 前後約27kmが「自動車交通不能区間」に指定されており、車の通れ
http://yamaiga.com/road/shimizu3/main4.html
2012年11月28日 道路レポート 国道291号清水峠 隧道捜索編 <最終決戦> 遡行延長1.5km、高低差 300mに2時間15分を要したが、清水国道核心部への進入に要した時間としては、これ でも破格の短さである . 新刊『廃道をゆく4 』が大好評販売中です!
http://yamaiga.com/road/shimizu3/main5.html
2012年11月29日 道路レポート 国道291号清水峠 隧道捜索編 <最終決戦> そしてそれらを巻くように 撫で付けられた、清水国道の余りにも頼りなさげな路盤であった。 4年前には往復 . つまり、編纂当時から清水隧道は廃道同様であった可能性が高い。
http://yamaiga.com/road/shimizu3/main3.html
2012年11月23日 道路レポート 国道291号清水峠 隧道捜索編 <最終決戦> 清水国道、ひいては“ 清水隧道”の一点を目指す我々の挑戦は、間違いなく“いい線まで行って”いた。 河床に 戻って5分後、行く手に . 新刊『廃道をゆく4 』が大好評販売中です!
http://yamaiga.com/road/shimizu/main2.html
2008年1月22日 【第2攻略区】. 起点:追分(下分岐) 終点:鉄塔下全長:2.4km 高低差:140m. 清水国道の廃道区間約12kmの冒頭を占める区間だ。 ここを踏破すると、ちょうど全体の五分の一ということになる。 地図上から想定されるルートの概要。
http://yamaiga.com/road/shimizu2/main3.html
2008年10月12日 地形の険しさも、あの泣く子も黙る「一の倉沢」を仰ぎ見る道だと言えばお分かりいただけるだろう。 もし越後側同様の廃道になっていたなら、おそらく清水峠の踏破は初めから専門家の手に委ねなければならなかった。 幸い、登山道国道とツ黴